セウラサーリ島 Seurasaari

ヘルシンキ西部に位置する、セウラサーリ島。
島全体が屋外博物館になっており、古い建物がフィンランド全土より集められ、この島に移築されました。

行き方:
ヘルシンキからバス24番に乗り、終点下車

バス停の近くに橋があり、この橋を渡ると、セウラサーリ島です。

博物館は夏季のみオープン(6月中旬から9月中旬)
入場料は大人10€、子供4€です。(2020年現在)
https://www.kansallismuseo.fi/en/seurasaarenulkomuseo

チケットは橋を渡り、橋の近くにあるこのキオスクで購入できます。

建物の中に入らなければ入場料は不要で、近所の人がジョギングや散歩に来ているのをよく見かけます。

秋から冬にかけては博物館が閉まっているため建物の中に入ることができませんが、外からの見学はできます。

毎年、ユハンヌス(夏至祭)にはイベントが行われ、コッコと呼ばれる大きな焚き火をすることで有名です。

古い木造の建物が島のあちこちに展示されています。

フィンランドの手工芸、ヒンメリが飾られていてとても可愛いです。

建物の中は昔の生活の様子が再現されており、白樺の皮で作ったカバンや、表裏が同じ模様で刺繍されたカレリア刺繍などが飾られていました。

こちらはセウラサーリ島にある教会。
結婚式で人気のある教会です。
自然に囲まれた古い教会でのウエディング、タイムスリップしたようですね。

島内にあるカフェ、Antin Kaffeliiteri (アンティン・カフェリーテリ)
天気の良い日はテラス席が気持ちよさそう!
夏季のみ営業しています。

https://www.kansallismuseo.fi/en/seurasaarenulkomuseo/ravintola-ja-kahvila

こちらはレストラン、クルーヌ。
ランチは日替わりで、私の行った時はミートボールなどがありました。
サンドイッチやシナモンロールなどの軽食もありますので、休憩がてら立ち寄ってみるのも良いですね。

https://seurasaarenkruunu.fi/en/

セウラサーリ島をぐるっと回ると半日はかかります。
自然に囲まれた島ですので、7月下旬から8月にかけてブルーベリーやラズベリー、キノコ狩りもできます。
島内を歩いていると鳥や動物にも遭遇することができますよ!

自然を満喫できる、おすすめスポットです。
是非訪れてみてくださいね!

Alppiruusupuisto シャクナゲ・ツツジ公園

ヘルシンキのHaaga(ハーガ)地区にあるAlppiruusupuistoは、6月になるとたくさんのシャクナゲ、ツツジの花が咲き乱れます。

6月頃ヘルシンキにお越しの方におすすめです!
入園無料です。

ALPPIRUUSUPUISTOの行き方

中央駅から電車、Pに乗りHuopalahti下車(約10分)、駅から公園までは徒歩10分弱です

地図

1975年にヘルシンキ大学がこのプロジェクトを開始し、今では3000種以上のシャクナゲ、ツツジがあるそうです。
その内一部の種は日本からのツツジだそうです。

とーっても広い公園で、約8ヘクタール以上あるそうです。

歩道も整備されているので、車椅子で来られる方もいらっしゃいました。

6月のおすすめスポットです!

展望レストラン Lucy in the Sky

メトロのケイラニエミ駅近くにある、展望レストラン、ルーシーインザスカイ

ヘルシンキの隣町、エスポー市にあります。

地図はこちらから。
https://goo.gl/maps/iCGgmhikibc9tScm7

ケイラニエミ駅の近くにある、このビルの屋上にあります。駅の周りの高いビルはこの建物くらいしかないので、とてもわかりやすいですよ。

天気の良い日はかなり遠くのエスポーの島々を見渡すことができます。もちろん、建物の東側に行くと、ヘルシンキの街も見ることができます。

テラス席だけでなく、雰囲気の良いレストラン、バーもあります。

天気の良い時はテラス席で食べると気分爽快です!

夕暮れ、そして夜は夜景がきっと綺麗なんでしょうね〜!
次は違う時間に訪れたいと思います。

フィンランドの住まい テラス・庭編

フィンランドの夏は短いですが、気温は20から25度程度、暑くて30度くらいと過ごしやすい気候のため、庭で過ごすことがとても多いです。
雪の溶け始める4月頃から花屋さんやホームセンターに通ったりと、夏の準備が始まります。

今年はコロナの影響で、夏はどこも旅行できず家にいることが多くなるだろうと予想したのか、庭にかける金額が例年より多かったようですよ。

夏はテラスで食事を楽しみます。
庭にBBQコンロなどが備わっていて、旦那が庭でビールを飲みながら料理・・・
という光景がよく見られます。

フィンランド人が心待ちしている夏、太陽の光を浴びながら、食事はもちろん、読書したり、昼寝したりと外でくつろぎまくります(笑)

少しでも長い期間日光浴ができるよう、テラスにガラスを貼る家庭も多いです。
これは日本ですると危険ですね・・・熱中症になりそうです。
(ガラスは畳んで収納することもできます。)

また庭にお風呂があったり、石を並べて庭を楽しむ家庭もあります。
屋外でお風呂!最高ですねー。

画像は毎年夏に行われる住宅展示会で撮影したものです。
住宅展示会は毎年場所を変えて行われます。とても楽しいですよ!

今年はヘルシンキから1時間弱のところにあるトゥースラであります。
http://asuntomessut.fi/
住宅に興味のある方に大変おすすめです!

フィンランドの住まい サウナ編

日本の住まいにはバスタブが必須ですが、フィンランドはサウナ。

集合住宅は共同サウナがありますが、一軒家は必ずと言っていいほどサウナ付き。
一般的なサウナは上の画像のように白木を基調としたサウナルームが多いです。

フィンランド人にとって、サウナはなくてはならないものです。
昔は産気づくとサウナに行きサウナで出産。
死んだ時も死体をきれいに洗うのはサウナだったそうです。
そしてユハンヌス(夏至祭)やクリスマスなどの行事や、ホームパーティでもサウナに行きます。裸の付き合いは日本と同じですね。

そしてフィンランドには、変わったサウナもたくさん。
サウナの車やバスといった乗り物、サウナの観覧車、サウナの船、そしてストックマン前のバーガーキングにもサウナがあるんですよ!

サウナが予約できるオンラインサイトもあります。(現在はフィンランド語のみ)
https://www.saunaonline.fi/saunat 
変わりサウナはこちら。
https://www.saunaonline.fi/erikoiskohteet

近年はおしゃれな公衆サウナ、Löylyが人気です。
いつも混んでいるので予約をすることをお勧めします。
https://www.loylyhelsinki.fi/
(現在はお休み中)

家庭サウナの最近のトレンド?このようなダークカラーのサウナも増えてきています。

サウナルームを温めるKiuas(キウアス)。
積み上げた石を熱くしここに水をかけ蒸気がでます。
この蒸気のことをLöyly(ロユリュ)と呼びます。
石を温めるのは街の住宅地ですと電気を利用するところが殆どですが、田舎やコテージは薪で温めます。

フィンランド人と一緒に入ると、ここにガンガン水をかけてめちゃめちゃ熱くするので、覚悟が必要です(笑)

画像は全て住宅展示会で撮ったものです。
色々なサウナスタイルがありました。特に、オーナーがミュージシャンの家のメラメラと燃えているような照明を使っているサウナ(画像参照)は個性豊かで面白かったです!

日本のサウナは水かけ禁止のところがあったりしますが、フィンランドは水かけ必須です。是非フィンランド滞在の際、本場サウナに行ってみてくださいね。

桃タルト Persikka rahkapiirakka

フィンランドのイースターで食べるものと言えば・・・

Mämmi マンミ。
ライ麦の粉とシロップなどを混ぜ、オーブンで焼いたもの。デザートとして食べますが、見た目は良くないし、食欲をそそられるものではない(画像右参照)
他、羊肉や、卵を使った料理が食卓に並びます。
もちろんデザートにはイースターエッグも。

オーソドックス系(ロシア正教)やロシア系フィンランド人はPaskhaという乳製品で作られたお菓子を食べる習慣があり、以前友人宅で食べたことがあります。
MämmiもPaskhaもイースターの時期になるとスーパーで購入することができます。

さて、今回は我が家で毎年のようにイースターの時期に作るレシピをご紹介します。
これは桃缶を使い、卵に見せかけたケーキ。とても簡単です!

このレシピは通常rahkaを使いますが、日本では手に入りにくいので、水切りヨーグルト、またはクリームチーズで代用してください。

材料

(直径22cmタルト皿1枚)

【生地】
小麦粉(ふるっておく)150g
グラニュー糖50g
ベーキングパウダー小さじ1
カルダモン(粉末)小さじ1
バター(溶かしておく)35g
生クリーム100ml
牛乳50ml
1個

時間のある方は鍋にバターとカルダモンを入れてから弱火でバターを溶かしてください。香りがバターに移りさらに美味しくなります。

【フィリング】
水切りヨーグルトまたはクリームチーズ100g
生クリーム100ml
グラニュー糖50g
1個
桃の缶詰1個

作り方

①【生地】の材料の粉類を全てボウルに入れ混ぜる。

②①に生クリーム、卵、バターを少しずつ入れその度にゴムベラでかき混ぜる。
 牛乳は少しずつ入れ様子を見る。足りないようであれば追加、調整してください。

③生地をタルト皿(直径22cm)に伸ばし入れる。

④桃缶の桃を③の生地の上に静かに乗せ並べる。

⑤【フィリング】の桃以外の材料全てボウルに入れ泡立て器でまぜる。

⑥混ぜたものを④の桃と桃の間に静かに流し入れる。(桃の容量や入れ物の大きさによりますが全部入らないかも)

⑦200℃に温めたオーブンで30分焼く。粗熱を取り冷蔵庫で冷やして召し上がれ!

(余った生地でミニサイズを作りました!)

フィンランドの住まい キッチン編

コロナの影響ですっかり静かになったフィンランド。

飛行機も飛ばず(貨物のみ)、仕事もなくなりましたが、只今未来のお客様をお迎えするための準備をしております(苦笑)

さて、フィンランド旅行とは関係ないのですが、フィンランドの住まいについてご紹介していきたいと思います。

著者は日常、IittalaのTeemaを愛用しています。

ロングセラーのTeemaだと、1枚割れた後買い足しができるので重宝しています。

マリメッコもありますよ。

コーヒーカップ&ソーサーはIittala Teemaの他に、
Arabia Aplia
Arabia Paratiisi のパープル
あとはムーミンマグ。
ムーミンマグは毎年新しいものが出るのでここに納まらないほどになりました(汗)

フィンランドのキッチンのデフォルト。
シンクの上の棚は水切りになっていて、洗ったあとここに食器類を立てかけ自然乾燥。
そして、シンクの下はゴミ箱スペースになっていて、ゴミ箱は隠れています。

フィンランド人はブラシで食器類を洗いますが、私はスポンジ派。
スポンジも乾燥しやすいようにぶら下げています。

コーナーの収納。

これは日本のシステムキッチンも同じですかね。

グルグル回して鍋などを取り出します。

入れすぎて引っかかってグルグル回りませんが(汗)

我が家は包丁などこのように収納しています。

IKEAのVARIERAシリーズ。

引き出しに入らなかったので端はのこぎりで切って調整しました。

フィンランドはコンロはIHか電気が多く、ガスコンロは珍しいです。
そしてオーブンはだいたいコンロの下にあります。

コンロの上の棚は奥行きの狭い棚になっていて(裏側は換気扇)調味料など入れてます。

今日は換気扇も掃除しまして・・・。
換気扇の中の部分を外して、食洗機でガーッと洗ってもらうだけですが。
フィンランドの食洗機は大きいので換気扇の中の部分も丸ごと洗えてしまえて便利です。
(これはうちの親戚達がやっている方法で正式の洗浄方かどうかは不明です)

そして引き出しの収納。
散らかっていてあまりお見せできるものではありませんが・・・。
日本から持ってきた米櫃がちょうど入るサイズだったのがありがたい。

この収納はPintarestで見つけた方法。
MUJIのポリプロピレンメイクボックスに、日本のセリアで購入した袋止めクリップ18cmにテプラを貼ったもの。こう収納するととても見やすい!
家族にもわかるように日本語とフィンランド語、2カ国語にしました。

以上、我がキッチンの画像ですが、フィンランド人のキッチンはもっとすっきりしていると思います。
なんせ、日本の調味料などが散乱しているもので、なかなか整理ができていません。
このコロナの状況を利用して、ボチボチ整理整頓していきたいと思います!

ヘルシンキの毛糸屋 ランカマーイルマ

ヘルシンキのオウルンキュラにある、毛糸屋さん、ランカマーイルマ。
オウルンキュラ駅(Oulunkylä 電車はIまたはK)の駅のそばの、ショッピングモール内にあります。

Lankamaailma https://www.lankamaailma.fi/
ヘルシンキだけでなく、他都市にもお店があります。

住所 Kylänvanhimmantie 29, 00640 Helsinki

たくさんの種類の毛糸!
毛糸の他にも少し刺繍用品もあります。

フィンランドの毛糸メーカーNovitaはありませんが
( ↑ 普通に大きなスーパーで売っています)
ノルウェーやデンマークの糸や、Opalの糸など種類がたくさん!

そしてお店の奥の方はアウトレットコーナーになっていて、糸が安くなっています。

ヘルシンキからオウルンキュラまで電車で約15分。
是非足を運んでみてくださいね!

Hotel Kämp ホテルカンプ

ヘルシンキでデラックスホテルといえば、ホテルカンプ。
場所もヘルシンキ中心にあり、とても便利なところにあります。
https://www.hotelkamp.com/en/

フィンランドに来るセレブは必ずと言っていいほど、このホテルのスウィートルームに泊まるので、コンサートやホッケーなどの試合の前日からよくファンが集まっているのを見かけます。

ホテルの部屋は全室バスタブ付き!(日本人に朗報!)
私の泊まった部屋の窓からは隣のカンプガレリア(ショッピングモール)が見えました。
ガラス張りなので、中の様子も見れましたよ。

夕食は1階のホテルレストランで4コースをいただきました。
ここのレストランで食事をしている間、フィンランドの有名な政治家、女優、テレビでよく見る料理人を見かけました。
(田舎者なので常に目がキョロキョロしてましたよ)

内装が全体的にとてもクラッシック。
この階段は12月6日の独立記念日のパーティーの二次会生中継で見たことがあります。

1階レストランのすぐ隣にあるバーです。
ちょっと暗めでムード抜群!

カンプのみ販売されているカンプビール。是非お試しください。

そして朝食。コーヒーはカプチーノ、ラテなど選ぶことができ、オムレツも中身の希望を聞き、持ってきてもらいます。
日曜日だったので、ホテルゲスト以外でもカンプの朝食を食べにきていましたよ。

ホテル朝食はビュッフェで32€
https://www.hotelkamp.com/en/

日曜日の人気のブランチは42€から
https://www.brasseriekamp.fi/en/food-and-drinks/brunch

女性に人気のアフタヌーンティーは40€
https://www.brasseriekamp.fi/en/food-and-drinks/afternoon-tea

今はオフシーズンなのでお得な料金で泊まることができました。
サウナ(フィンランドサウナとスチームサウナ)やジムも利用することができます。
また是非泊まって見たいホテルです!

ホテルカンプの宿泊について
info@finngate.fi
までお問い合わせくださいませ。

ヘルシンキ中央駅の窓口が移転になりました

ヘルシンキの中央駅の窓口が移転しました。

以前は中央出入口付近のバーガーキングのちょうど反対側、
Kioskiのすぐ隣にありましたが、今はここは空っぽで鍵がかかっています。

新しい窓口は中央駅西側に移転しました。

上の画像はソコス側の入り口(西側)から入った構内。
駅西のKioskiと地下に行く階段の間にある通路を北に進みます。

地図の赤丸のところぐらいです。

しばらく歩くと、VRの窓口があります。

このすぐ近くにヘルシンキ観光局(INFO)も移転しています。

少しわかりにくい場所にありますが、緑色の看板を頼りに探してみてくださいね!