St.Martin’s Fair セントマーティンズフェア

今年も行ってきました、マーティンズフェア

今年は出展数が増えているような気がしました。

martinmarket2

エストニアの手工芸の作品や手芸用品など、可愛いバルト三国の雑貨がたくさん!

イベントも同時に行われており、民族衣装、民族舞踊や音楽なども楽しめます。

martinmarket6

ワークショップも体験でき、安価で参加することができます。

martinmarket7

温かみのある、ウール刺繍

martinmarket4

細かい目のクロスステッチ

martinmarket8

色々な模様のカラフルな毛糸の靴下

martinmarket1

ウールの絨毯

martinmarket3

こちらは手作りのクリスマスアドベントカレンダー。可愛いですね!

その他、木工品や、ヒンメリ、陶芸品などたくさんあります。

ワークショップ参加すると1日中楽しめますよ!タリンのマーティンズフェアは明日まで!

ヘルシンキでもこのマーティンズフェアが毎年行われています。
今年は11月24日と25日、Kaapelitehdasにて。
タリンに比べると規模は小さく、ワークショップなどはございませんが、ぜひ訪れてみてくださいね!

https://www.martinmarkkinat.fi/

広告

エストニアン・ハウス Eesti Esindus

タリンのメインストリート、Viru通りにあるお土産屋さん。

https://eestiesindus.ee/

temp-23

クリスマスの時期になると大きなヒンメリが出迎えてくれます。

temp-22

2階にはカフェがあり、いつも空いているので穴場です。

少し天井が低めなので、欧米人は圧迫感を感じるかも。日本人には全く問題ないです。

ここにも大きなヒンメリがあります。

temp-21

2階の部分はクルビ・ルームKlubiruumというカフェで、アンティークの家具や小物が使われています。

temp-20

クリスマスなのでグロギをいただきました。

冷たそうに見えますが、温かい飲み物ですよ。

北欧でクリスマスによく飲む飲み物です。アルコール入りかなしか選べます。

クリスマスにお越しの際はぜひご賞味ください!

ラエコヤ広場のクリスマスマーケット

ラエコヤ広場のクリスマスマーケット。

毎年、11月下旬から1月上旬まで開かれています。

http://www.christmasmarket.ee/

temp-52

エストニアのウール製品、木工品などの手工芸品、グリューワインやグロッギなどのクリスマスの飲み物、そしてサラミやソーセージなどの軽食も販売しています。

temp-53

エストニアの蜂蜜と蜜蝋キャンドル。

 

temp-50

お腹が空いたら、ポテトやソーセージをご賞味ください!

ヘラジカ、トナカイ、くま、ビーバーなど少し珍しい動物の肉を使ったサラミも売っていましたよ!

temp-49

夜になると、旧市庁舎もライトアップされ、イルミネーションが綺麗です!

temp-48

夜の旧市街も素敵ですー。

とてもロマンティックですね。

タリン駅近くのマーケット Balti Jaama Turg

タリンの駅近くに今年新しくオープンした、バルティ・ヤーマ・マーケットです。

https://astri.ee/

temp-58

地下と1階は食料品やカフェ、フードコート

2階は手工芸品、アンティーク、セカンドハンドショップ、レストランがあります。

1階には美味しい和食で有名な、エストニアに何軒もチェーン店を持つTokumaruさんがありますよ!和食に恋しくなったら立ち寄ってみてくださいね。

http://tokumaru.ee/

temp-57

2階には小売店が立ち並びます。

temp-56

セカンドハンドショップでは、家庭用品、洋服から家具まで。たくさんありました!

temp-55

カラフルで可愛いエストニアミトンにうっとり!

お土産も種類が豊富でしたよ。

temp-54

広い敷地内に様々なお店が出店しています。

雪や雨を気にすることなく、お買い物できるのがいいですねー。

旧市街から徒歩10分くらいです。お時間があれば是非!

ヒンメリ Himmeli part 2

去年のブログでご紹介しました、ヒンメリを再び作りました。

temp-31

今回はエストニアのマーティンマーケットで買った材料で作成。

一番上の画像の星の形の物を作りました。対象はヒンメリ中級者くらいかな。

temp-28

エストニアで購入したキットは、葦(あし)の茎を使ったもので、すでに長さは作るものに合わせて切断されたものが入っています。

葦は水辺で育つので、ライ麦よりも頑丈でしかも太め。とても作りやすいです。

スライドショーには JavaScript が必要です。

スライドにしてみました。

まず、短めの葦で三角形を9つ作り、端と端を結んで輪を作り三角計10個にします。
(この時点で吊るした方がやりやすいですよ)

上と下の五角形のそれぞれの角から5本の葦をつけて山を作ります。

そして、長めの葦に切り替え、三角のそれぞれの角からから葦をつけて三角の山を作ります。

言葉で表現するのは難しいので、現在このキットを販売していたエストニアの企業に図解付きの日本語訳をお勧めしています。翻訳は私がしますと立候補しておきました。
やる気満々です!(笑)

http://www.himmeli.net/

 

セントマーティンマーケット in タリン

temp-53

去年のブログでもご紹介しましたが、今年もエストニア最大の手芸見本市、マーティンマーケットに行ってきました!

可愛いワンちゃんが飼い主を待っています(笑)

temp-71

イベントに携わる人は民族衣装を着ていました。

temp-66

temp-62

temp-61

美しいエストニア刺繍。

temp-59

temp-70

temp-69

temp-60

ステージでは民族舞踊、音楽、ファッションショー(これはおそらく自分が刺繍したコートをお披露目していると思われます)など、様々な催しが行われていました。

temp-67

temp-64

temp-65

もちろん編み物もたくさん販売されています。

temp-68

ヒンメリの本、ヒンメリキットもありますよ。

temp-63

会場ではワークショップも随時開催されていて、安価で参加することができます。

手芸好きには1日では足りない、大イベントですよ〜!

 

タリンの中世祭り Medieval Days in Tallinn vol.2

エストニア、タリンの中世のイベントの続きのレポートです。

イベント開催時はラエコヤ広場から聖ニコラス教会までの通りも賑わっていて、ニコラス教会の公園では子供達にもイベントがありました。

子供用のワークショップでミサンガを作るコーナーがあり、
エストニア語はわかりませんでしたが丁寧に教えてくれました。

子供達は中世の衣装で短剣で遊んでいたり・・・

木馬に乗って楽しんでいました。

大人のワークショップでは伝統的な刺繍など体験することができます。

 

 

素敵なカラフルな刺繍たち。

次の手工芸イベントは11月に行われるマルティンマーケットですね。

とても楽しみです!