LUX Helsinki

新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

新年に行われるイベント、LUX Helsinki。
1月4日から8日17:00-22:00に、ヘルシンキ各地で行われる光のイベントです。

HPはこちらから
https://www.luxhelsinki.fi/

それでは、ヘルシンキ中心部のLUXをご紹介します!

スタート地点は、ヘルシンキ大聖堂。

そこからUnioninkatuを北上、この道路沿いにもいくつか光の作品がありましたが、とにかく物凄い人でフィンランドでは珍しい「おしくらまんじゅう」状態、見るのを断念しました。

カイサニエミの公園ではたくさんの手作りランタンが歩道沿いに飾られていて、とても綺麗!

暗くてわかりづらいかもしれませんが、画像を拡大すると暗闇の中に人が沢山いるのが見えますよ。

特に入り口にある沢山のクラゲランタンは可愛かったです。

そして、カイサニエミ公園の広場には、最大16mの高さになる、
Large Fire Tornado
という作品。

炎がトルネードのようにうねります。
(画像ではわかりにくいですね・・・)

そして、カイサニエミ→トコインランタの途中には、
Magic Mirror in my hand
という言葉が水に反射され、映し出されている作品。

Oodi、ヘルシンキ中央図書館の前の、氷のライオンの彫刻。
ライトアップされ、青色に光っているように見えます。

今年は本日で終了ですが、毎年恒例になってきているこのイベント。
来年参加してみませんか?

Finnish Craft & Design Fair タンペレ手工芸フェア

タンペレの手工芸フェアです。
ヨーロッパ最大の規模だそうです!
フィンランド人だけでなく、北欧ノルウェー 、スウェーデンなどから、このフェアに参加するためにたくさんの方が訪れるそうです。

毛糸屋さんを多く見かけました。
色々な色の毛糸、草木染めの毛糸など・・・たくさん!

せっかくフィンランドにいるので、フィンランドの羊の糸はいかがでしょうか。

編み物だけでなく、白樺細工、陶芸、ビーズ、刺繍など、たくさんのブースがあります。

ガラスビーズを使ったヒンメリ。
たくさんあって綺麗でした。

今年、ユザワヤさんでNovitaが日本でも販売されるようになりましたが、フィンランドでも大人気です!
レジの列が物凄いことになっていました!

ここは材料をリサイクルして作られたものを売っているブース。
環境保護は今年のフェアのテーマでもあります。

木で作られた棒針ホルダー。
5本針で編んでいたら欲しかった!(最近は輪針ばかりなので・・・)
このお店には”Knitting is not a crime”(編むことは犯罪でない)
というバッグとか、他にも木製やマトリョーシカ(プラスチック)の棒針ゲージなど、面白い商品が色々ありました。

オンランショップはこちら ↓
http://kauppa.succaplokki.fi/ (フィンランド語)

ワークショップも行われていましたが、会場は広すぎて1日で回りきれないほどだったので、参加できませんでした(泣)

来年も企画します!

Iittala & Arabia ワークショップでマグを作る

Iittala & Arabia デザインセンターのワークショップでマグカップの絵付けをしてきました。

ワークショップは不定期で開催されています。
http://www.designcentrehelsinki.com/en/calendar/filter/workshops

iittalamuki2

先日は、カッテイングボードに絵付けしました。
https://finngate.wordpress.com/2018/05/23/workshop-design-center-helsinki/

マグカップは、先日のカッテイングボードと異なり、紙状になっている塗料を自分の好きな形に切って水に濡らし、貼り付け乾かします。

iittalamuki3

こちらの技法は先日のカッティングボードより簡単なので子供でもできますよ!

iittalamuki4

貼り終えましたー!

この後窯で焼いて数週間で出来上がりですが、出来上がりの色は窯入り前と後では変わります。
画像の黄色い部分は消え、黒い部分は濃紺に変わり、茶色く見ている部分はピンクになりました。


 

人数が集まればワークショップを開催することも可能です。
info@finngate.fi までお問い合わせください。

Häme Medieval Festival ハメの中世のお祭り

今週末8月19日まで、ハメーンリンナにあるハメ城公園では中世のお祭りが開催されています。

https://www.keskiaikafestivaali.fi/en/etusivu

hame8

イベントの見どころは、中世時代に遊ばれていた遊び、食事の再現(上の画像は豚の丸焼き。解体中の画像は一番下をご参照ください。)そしてフィンランドの手工芸のお店など。
午後からはコンサートなどのイベントが開催されます。

hame4

イベント会場のすぐ隣には湖があり、フィンランド特有の森と湖の風景もお楽しみいただけます。

hame6

早速昨日行ってきましたので、その画像をお楽しみください。

hame9

いろいろな色の丸いものは太鼓です。
他にも、弓矢や木刀など昔遊んでいたであろうおもちゃが販売されています。

(後方の建物はハメ城)

hame7

 

hame11

そしていつもとてもきになる白樺などの木の皮で作られたかご。
販売しているおじさんに注目!白樺の皮製ベスト、白樺の皮製帽子をかぶっています。

hame3

こちらは手作りの木製カトラリー。
隣で職人がデモンストレーションしていました。

hame10

懐かしい!と感じたリンゴ飴。フィンランドにもあるんですね。

hame5

そして陶芸用の土を練っているお姉さん。

このイベントのスタッフはみなさん中世時代の洋服を身にまとっています。

hame2

そして豚の丸焼き解体中の画像。

ハメーンリンナまではヘルシンキから電車またはバスで片道約1時間。
今週末、日帰りで行ってみてはいかがでしょうか?

Iittala & Arabia デザインセンターのワークショップ

アラビアファクトリーショップの9階にある、デザインセンターにて行われていたワークショップに参加して来ました。

temp-225

今日のワークショップは陶芸の絵付け。

用意されていたアラビアのカッティングボードに色を塗る作業です。

temp-224

塗料と液体を混ぜる作業から。

そして薄め液を足してからボードに色をつけていきます。

temp-223

色を塗り、ドライヤーで乾かした後、塗料を削っていきます。

参加されている皆さんは花や植物など描いていましたが、私はこれ。

temp-222

塗料の上に薄く鉛筆で形を描いて、それに沿って削っていきます。

temp-221

削る作業が長く、手が腱鞘炎になりそう・・・。

temp-220

はい、できました!これで終了。

これを焼き付けて数日後に出来上がります。

楽しみですー!

temp-227

ちなみに1階に展示されていたこのお皿たちもワークショップで作ることができます。

このワークショップは次回5月30日です。(残念ながら満です)

http://www.designcentrehelsinki.com/calendar/filter/workshops/

↑ ワークショップはこちらのHPからチェックしてみてくださいね!

中国の春節 @ Helsinki

2月15日、中国の旧正月を祝うイベントが行われていました。

kiinalainenuusivuosi 3

ステージ前は人、人、人。でまさに中国!

kiinalainenuusivuosi 4

Keskuskatuはこんな感じ。ものすごい人でした。

kiinalainenuusivuosi 2

kiinalainenuusivuosi 8

ステージでは中国の獅子舞、音楽、踊りなどのショーが行われていました。

kiinalainenuusivuosi 7

そして、ストックマンデパートの隣には干支の氷の彫刻。

kiinalainenuusivuosi 5

メインはもちろん、今年の干支、戌。

kiinalainenuusivuosi 1

氷の彫刻がライトアップされていました。

干支は全種類いませんでしたが、戌年に近い干支が並んでいましたよ!

kiinalainenuusivuosi 6

そして、中国関連の露店が並びます。

このイベント、1日だけというのが惜しいですね。来年から大晦日から祝うとか、もう少し長くして欲しいなー。

Penkkarit 高校三年生のイベント

temp-147

トラック十数台、ぞろぞろとやってきます!ずーっと、ずーっと向こうまでトラックです!

トラックの荷台には、高校卒業試験をちょうど終えた高校三年生たちが変装して乗って、道行く人たちに飴を投げています。

temp-146

画像をまじまじと見ると、本格的に変装している人もいますね(笑)

今週はずっと高校卒業試験でした。お疲れ様です。かといって、全員が卒業できるわけではなく、中には点数が足りず留年する学生もいます。

フィンランドではすでに何教科かデジタルテスト(PCに回答する)が導入されており、数年後には全てデジタルテストになるそうです。

私の時代はマークシート方式で、それも採点は機械がするのだと思いますが、PC導入でさらに採点の方法が楽になりそうですね。もちろん説明しなければならない回答もあると思いますが。

今年は撮影に徹していたので、飴ちゃんはたくさん拾えませんでしたが、来年こそ!