セウラサーリ島 Seurasaari

ヘルシンキ西部に位置する、セウラサーリ島。
島全体が屋外博物館になっており、古い建物がフィンランド全土より集められ、この島に移築されました。

行き方:
ヘルシンキからバス24番に乗り、終点下車

バス停の近くに橋があり、この橋を渡ると、セウラサーリ島です。

博物館は夏季のみオープン(6月中旬から9月中旬)
入場料は大人10€、子供4€です。(2020年現在)
https://www.kansallismuseo.fi/en/seurasaarenulkomuseo

チケットは橋を渡り、橋の近くにあるこのキオスクで購入できます。

建物の中に入らなければ入場料は不要で、近所の人がジョギングや散歩に来ているのをよく見かけます。

秋から冬にかけては博物館が閉まっているため建物の中に入ることができませんが、外からの見学はできます。

毎年、ユハンヌス(夏至祭)にはイベントが行われ、コッコと呼ばれる大きな焚き火をすることで有名です。

古い木造の建物が島のあちこちに展示されています。

フィンランドの手工芸、ヒンメリが飾られていてとても可愛いです。

建物の中は昔の生活の様子が再現されており、白樺の皮で作ったカバンや、表裏が同じ模様で刺繍されたカレリア刺繍などが飾られていました。

こちらはセウラサーリ島にある教会。
結婚式で人気のある教会です。
自然に囲まれた古い教会でのウエディング、タイムスリップしたようですね。

島内にあるカフェ、Antin Kaffeliiteri (アンティン・カフェリーテリ)
天気の良い日はテラス席が気持ちよさそう!
夏季のみ営業しています。

https://www.kansallismuseo.fi/en/seurasaarenulkomuseo/ravintola-ja-kahvila

こちらはレストラン、クルーヌ。
ランチは日替わりで、私の行った時はミートボールなどがありました。
サンドイッチやシナモンロールなどの軽食もありますので、休憩がてら立ち寄ってみるのも良いですね。

https://seurasaarenkruunu.fi/en/

セウラサーリ島をぐるっと回ると半日はかかります。
自然に囲まれた島ですので、7月下旬から8月にかけてブルーベリーやラズベリー、キノコ狩りもできます。
島内を歩いていると鳥や動物にも遭遇することができますよ!

自然を満喫できる、おすすめスポットです。
是非訪れてみてくださいね!

展望レストラン Lucy in the Sky

メトロのケイラニエミ駅近くにある、展望レストラン、ルーシーインザスカイ

ヘルシンキの隣町、エスポー市にあります。

地図はこちらから。
https://goo.gl/maps/iCGgmhikibc9tScm7

ケイラニエミ駅の近くにある、このビルの屋上にあります。駅の周りの高いビルはこの建物くらいしかないので、とてもわかりやすいですよ。

天気の良い日はかなり遠くのエスポーの島々を見渡すことができます。もちろん、建物の東側に行くと、ヘルシンキの街も見ることができます。

テラス席だけでなく、雰囲気の良いレストラン、バーもあります。

天気の良い時はテラス席で食べると気分爽快です!

夕暮れ、そして夜は夜景がきっと綺麗なんでしょうね〜!
次は違う時間に訪れたいと思います。

Jari-Pekka Joroinen かぎ針のトラクター

たまたま立ち寄ったヴァルカウスのサービスエリアにあった展示がすごかったのでご紹介します。

ヴァルカウスは大きな製紙工場が街のど真ん中にあり、製紙や林業で栄えてきた町です。町を通り過ぎる道はいつも、おがくずの匂いがしています。

ヴァルカウスの中心にはかぎ針でカラフルに飾られたフェンスがありました。(残念ながら運転中のため画像に収めることができず)
きっと、編み物が好きな方がたくさんいらっしゃるんですね!

ヴァルカウス空港近くにある、Jari-Pekka Joroinen(ヤリペッカ・ヨロイネン)というサービスエリア。

地図はこちら https://goo.gl/maps/bdaahHqzip9XkPCt6

INFOと書かれている黄色い小屋の中とその周りはかぎ針の作品だらけ!
椅子にケーキ、ベンチ、そり、テレビの枠、そしてゼラニウム(赤い花)までもがかぎ針で編まれていましたー!

何と言っても、一番すごかったのはこのトラクター!
至る所、かぎ針の作品で埋め尽くされています。
ちょっと気になったのでググったところ、2016年の記事を見つけました。

https://www.iltalehti.fi/uutiset/a/2016040921387751 
(フィンランド語、動画あり)

このエリアに住む約70名のニッターたちが、11月から3月の約4ヶ月間でトラクターを編み上げたそうです。
すごいチームワークですね!

トラクターは1950年代に製造された古いものだそうですが、廃棄処分されずにこのように今でも皆さんに愛され続けています。
このトラクターが有名になり、他の色々な機械(ヘリコプターも!)の提案があったそうですよ。
次は何か楽しみですね!

Birgitta カフェ ビルギッタ

先日ご紹介した、ロユリュの近くにある、Birgitta Hernesaari (ビルギッタ・ヘルネサーリ)

海沿いに面し、夏のみオープンするカフェ・レストランです。

https://www.birgittahernesaari.com/

birgitta2

このカフェの建物には特徴があります。
建物外観は、木の耐久性を増す目的で表面を焼いた「焼杉」という日本の技法が使われています。

birgitta4

建物の中は可愛らしいインテリア。

birgitta 4

天気がいい日はたくさんの人で賑わいます。

birgitta5

ランチはサンドイッチ、ハンバーガー、サラダなどがあります。

この夏オープンしているのは9月23日まで。
冬季はプライベート利用のみです。

ロユリュの帰りに是非立ち寄ってみてくださいね!

Eerikkilä エーリッキラ

フォルッサの近くにある、宿泊施設エーリッキラ。ヘルシンキから1時間とちょっと。
フィンランドの森と自然はもちろん、カヌーやハイキングなどのアウトドアもお楽しみいただけます。
湖畔に佇むスポーツ設備が整った施設です。

eerikkila12

陸上、サッカーなどの屋外競技から、球技などができる屋内の体育館、プールまで設備が整っており、オリンピックなどの強化練習が行われる場所でもあります。

eerikkila1

施設内にはホテル、学生用のホステルタイプの宿泊施設から、去年から今年にかけて建てられた、ラグジュアリータイプのコテージ、メゾネットタイプのホテルがあります。

eerikkila11

こちらはコテージ。大きなコテージは12名まで、小さめのコテージは9名まで宿泊できます。

eerikkila5

広々とした、リビング。暖炉もコテージ内と外に二箇所ありました。

eerikkila4

階段を上がるとベッドやくつろぐスペースがあり、こちらからの景色も素敵です。

eerikkila9

キッチンは、オーブン、電子レンジなど揃っており、食材を持ち込み調理することができます。

洗濯機、乾燥機もあり、そしてもちろんシャワーとサウナも。
長期滞在にも適しています。

eerikkila10

そしてアパートメントタイプの宿泊施設もあります。
(2から3階はメゾネットタイプ)

eerikkila13

施設内にある、サウナ。サウナのあと湖にドボンと行くこともできます。

eerikkila8

一度に300名収容できるレストラン。ビュッフェラインも4つあります。
レストラン自体はもともとある建物ですが、去年改装工事が終了しとても綺麗です。

eerikkila7

レストラン1階部分はカフェになっており、同じフロアに劇場や10人くらい入れそうな大きなサウナもあります。

エーリッキラのHPはこちらから;
https://www.eerikkila.fi


 

当社ではエーリッキラの送迎、宿泊の手配を致しております。

info@finngate.fi までお気軽にお問い合わせくださいませ。

Löyly ロユリュ

2018年アメリカのタイム誌の世界の名所100に選ばれた、ヘルシンキのロユリュ。

ロユリュはレストランなどもある、サウナ複合施設です。
海岸沿いにあるので景色もとても綺麗!

地図はこちらから;
https://goo.gl/maps/ndq6pKNcERz

ヘルシンキの中心部から少し距離が離れているのでバスがお勧めです。

行き方の例;
Kamppiからバス14、18番
Hakaniemiからバス17番
https://www.reittiopas.fi/

loyly5

2年前にオープンしたばかり。上の画像は今年の写真です。
少し木の艶がなくなって来ていますね。
(おそらく今年または来年、オイルを塗ると思います。大変な作業!)

loyly2

夏はこのようにテラス席が満席になります。

loyly3

中にもレストラン・バーがあり、こちらもほぼ満席でした。

loyly4

サウナは共同サウナ、貸切サウナ、スモークサウナがあり、サウナの後、海にドボンと入る人たちも。

loyly6

木をふんだんに使った建物が特徴的です。

ロユリュのホームページはこちらから。
http://www.loylyhelsinki.fi/en/front-page/

サウナは人気があるので、事前に予約しましょう。(HPから予約可。)

Iittala イッタラ(村)

ヘルシンキから車、または電車で約1時間強のところにある、イッタラ村。

夏季は残念ながらイッタラのガラス工場は休みで閉まっていますが(6月下旬から8月下旬まで)、それ以外の時期でしたら工場見学もできますよ!
http://www.iittalalasimaki.fi/en/visit-lasimaki/the-iittala-glass-factory

イッタラの駅から200mほどのところにイッタラアウトレット、ガラス博物館、その他おみやげ屋さんや手工芸品などのショップがあります。

地図はこちら
https://goo.gl/maps/Vx7cusGsjaB2

iittalaoutlet

イッタラアウトレット。こちらのアウトレットは結構広いです。

イッタラ、アラビア、ロールストランド、フィスカルスなどの商品が勢ぞろい。

iittalakahvila

イッタラアウトレットの隣にあるカフェ・レストラン。

iittalalasimuseo2

ガラス博物館(2階)

ガラス博物館のHP
http://www.iittalalasimaki.fi/en/visit-lasimaki/the-iittala-glass-museum

iittalalasimuseo1

ガラス博物館(1階)

他にも洋服や、Finlaysonのポップアップショップ、手作りチョコ、はちみつ、陶芸、鉄製品などを売るショップが周りにあり、ショッピングを十分にお楽しみいただけますよ!


当社ではヘルシンキからハメーンリンナに行く日本語ドライバーを手配できます。
是非お問い合わせください!

Ruotsinpyhtää ルオツィンピュフター

Ruotsinpyhtaa 2

雲や建物が川に反射して美しい、ルオツィンピュフター。
ヘルシンキから車で約1時間強、ロヴィーサとコトカの間にある小さな町です。

Ruotsinpyhtaa 3

夏はフィンランド人の観光地として人気があり、古くて可愛い建物にレストラン、カフェ、お土産やさんなどが立ち並んでいます。

Ruotsinpyhtaa 4

こちらは展覧会。こちらも古い倉庫のような建物を利用して使われています。

博物館なども近くにありましたが、入場無料でした。

Ruotsinpyhtaa 6

ここはベッド&ブレックファースト。
昔、お金持ちの邸宅だった家を改装し、1階はレストランとして利用されています。

川では、SUP(サーフボードの上に立ち、オールで漕ぐスポーツ)やカヤックもレンタルしていました!

小さな町ですが、たくさんの人で賑わっていましたよ!


当社ではヘルシンキからルオツィンピュフターに行く日本語ドライバーを手配できます。
是非お問い合わせください!

Ravintola Elite レストラン・エリテ

アキ・カウリスマキの映画のロケスポットとして知られている、レストラン・エリテ。

http://www.elite.fi/

1932年開業後、芸術家、俳優などたくさんの著名人に愛され続けているレストランです。
私が訪れた時も、政治家、女優、ニュースキャスターが食事を楽しんでいました。

場所はヘルシンキのトーロ地区。
フィンランド国立博物館、フィンランディアホールや、スカンディック・パークホテル、クラウンプラザホテルから西側に歩いたところにあります。

https://goo.gl/maps/7of7wdixtN72

temp-281

Eliteはフィンランド語ではエリテと発音します。
夏季はレストラン前のテラス席もオープン。清々しい季節の今は外での食事がお勧めです。

temp-280

レストラン内はレトロ感たっぷり。
家具や照明など、開店当時そのままかのように、昔のものを長く大切に使っています。
レストラン内には有名なフィンランド人俳優(Tauno Palo, Matti Pellonpää)の特等席に記念プレートが残されています。

temp-278

エビのリゾットをいただきました。

フィンランドのレストランではパスタもリゾットもアルデンテのものは少なく、完全体のものがほとんどですが、ここのリゾットは絶妙なアルデンテ、そしてプリプリのえびの食感に感動です!!(だいたいエビも火を入れすぎて水分が抜け硬くなってしまった残念なのものが多いので・・・)

夕食はシェフのオススメ3コースのメニューもあります。

料理だけでなくサービスもとてもよく、オススメレストランです!

Uffe på Berget ウッフェ・ポー・ベルゲット

カステルホルムやボマルスンドに行く途中、道路上(トンネルの上)に見えるこのカフェ、Uffe på Bergetウッフェ・ポー・ベルゲット。

すぐ隣に展望台もあり、登ることができます。(有料)

temp-252

オーランド諸島のパンケーキや菓子パン、サンドイッチなど置いています。

temp-251

カフェの中からの眺め。

temp-248

カフェの外のテラス席からの眺め。

temp-249

トイレ休憩(水洗ではありません)で立ち寄り、カフェからの景色を楽しんでくださいね!