セウラサーリ島 Seurasaari

ヘルシンキ西部に位置する、セウラサーリ島。
島全体が屋外博物館になっており、古い建物がフィンランド全土より集められ、この島に移築されました。

行き方:
ヘルシンキからバス24番に乗り、終点下車

バス停の近くに橋があり、この橋を渡ると、セウラサーリ島です。

博物館は夏季のみオープン(6月中旬から9月中旬)
入場料は大人10€、子供4€です。(2020年現在)
https://www.kansallismuseo.fi/en/seurasaarenulkomuseo

チケットは橋を渡り、橋の近くにあるこのキオスクで購入できます。

建物の中に入らなければ入場料は不要で、近所の人がジョギングや散歩に来ているのをよく見かけます。

秋から冬にかけては博物館が閉まっているため建物の中に入ることができませんが、外からの見学はできます。

毎年、ユハンヌス(夏至祭)にはイベントが行われ、コッコと呼ばれる大きな焚き火をすることで有名です。

古い木造の建物が島のあちこちに展示されています。

フィンランドの手工芸、ヒンメリが飾られていてとても可愛いです。

建物の中は昔の生活の様子が再現されており、白樺の皮で作ったカバンや、表裏が同じ模様で刺繍されたカレリア刺繍などが飾られていました。

こちらはセウラサーリ島にある教会。
結婚式で人気のある教会です。
自然に囲まれた古い教会でのウエディング、タイムスリップしたようですね。

島内にあるカフェ、Antin Kaffeliiteri (アンティン・カフェリーテリ)
天気の良い日はテラス席が気持ちよさそう!
夏季のみ営業しています。

https://www.kansallismuseo.fi/en/seurasaarenulkomuseo/ravintola-ja-kahvila

こちらはレストラン、クルーヌ。
ランチは日替わりで、私の行った時はミートボールなどがありました。
サンドイッチやシナモンロールなどの軽食もありますので、休憩がてら立ち寄ってみるのも良いですね。

https://seurasaarenkruunu.fi/en/

セウラサーリ島をぐるっと回ると半日はかかります。
自然に囲まれた島ですので、7月下旬から8月にかけてブルーベリーやラズベリー、キノコ狩りもできます。
島内を歩いていると鳥や動物にも遭遇することができますよ!

自然を満喫できる、おすすめスポットです。
是非訪れてみてくださいね!

Alppiruusupuisto シャクナゲ・ツツジ公園

ヘルシンキのHaaga(ハーガ)地区にあるAlppiruusupuistoは、6月になるとたくさんのシャクナゲ、ツツジの花が咲き乱れます。

6月頃ヘルシンキにお越しの方におすすめです!
入園無料です。

ALPPIRUUSUPUISTOの行き方

中央駅から電車、Pに乗りHuopalahti下車(約10分)、駅から公園までは徒歩10分弱です

地図

1975年にヘルシンキ大学がこのプロジェクトを開始し、今では3000種以上のシャクナゲ、ツツジがあるそうです。
その内一部の種は日本からのツツジだそうです。

とーっても広い公園で、約8ヘクタール以上あるそうです。

歩道も整備されているので、車椅子で来られる方もいらっしゃいました。

6月のおすすめスポットです!

展望レストラン Lucy in the Sky

メトロのケイラニエミ駅近くにある、展望レストラン、ルーシーインザスカイ

ヘルシンキの隣町、エスポー市にあります。

地図はこちらから。
https://goo.gl/maps/iCGgmhikibc9tScm7

ケイラニエミ駅の近くにある、このビルの屋上にあります。駅の周りの高いビルはこの建物くらいしかないので、とてもわかりやすいですよ。

天気の良い日はかなり遠くのエスポーの島々を見渡すことができます。もちろん、建物の東側に行くと、ヘルシンキの街も見ることができます。

テラス席だけでなく、雰囲気の良いレストラン、バーもあります。

天気の良い時はテラス席で食べると気分爽快です!

夕暮れ、そして夜は夜景がきっと綺麗なんでしょうね〜!
次は違う時間に訪れたいと思います。

ヘルシンキの毛糸屋 ランカマーイルマ

ヘルシンキのオウルンキュラにある、毛糸屋さん、ランカマーイルマ。
オウルンキュラ駅(Oulunkylä 電車はIまたはK)の駅のそばの、ショッピングモール内にあります。

Lankamaailma https://www.lankamaailma.fi/
ヘルシンキだけでなく、他都市にもお店があります。

住所 Kylänvanhimmantie 29, 00640 Helsinki

たくさんの種類の毛糸!
毛糸の他にも少し刺繍用品もあります。

フィンランドの毛糸メーカーNovitaはありませんが
( ↑ 普通に大きなスーパーで売っています)
ノルウェーやデンマークの糸や、Opalの糸など種類がたくさん!

そしてお店の奥の方はアウトレットコーナーになっていて、糸が安くなっています。

ヘルシンキからオウルンキュラまで電車で約15分。
是非足を運んでみてくださいね!

Muija ムイヤ

ヘルシンキの中心部から少しはなれますが、可愛いヴィンテージショップをご紹介します。

Muija1

住宅街の一角に佇むこちらのお店は、Kannelmäki(カンネルマキ)にあります。

住所: Soittajantie 1, Helsinki

Muija5

お店には、イッタラやアラビアなどのヴィンテージ食器が山積み!

Muija3

そして、マリメッコのセカンドハンドや、ヴィンテージの布地がたくさん!
(布地の画像はありませんが、たくさんあります!)

Muija4

家具や小物も素敵なものがたくさんありますよ!

たくさん集めたい〜!


 

Finngateではヘルシンキ郊外の雑貨巡りツアーの日本語ドライバーによる専用車を手配することができます。

行きたい場所にたどり着けるか不安だったり、長時間歩くことが辛かったり、また買い物でたくさんの荷物になることが予想される方に最適のプランです。

ぜひご利用ください。

https://finngate.fi/ja/product/helsinki-ja/charter-jsdg/

Iittala & Arabia ワークショップでマグを作る

Iittala & Arabia デザインセンターのワークショップでマグカップの絵付けをしてきました。

ワークショップは不定期で開催されています。
http://www.designcentrehelsinki.com/en/calendar/filter/workshops

iittalamuki2

先日は、カッテイングボードに絵付けしました。
https://finngate.wordpress.com/2018/05/23/workshop-design-center-helsinki/

マグカップは、先日のカッテイングボードと異なり、紙状になっている塗料を自分の好きな形に切って水に濡らし、貼り付け乾かします。

iittalamuki3

こちらの技法は先日のカッティングボードより簡単なので子供でもできますよ!

iittalamuki4

貼り終えましたー!

この後窯で焼いて数週間で出来上がりですが、出来上がりの色は窯入り前と後では変わります。
画像の黄色い部分は消え、黒い部分は濃紺に変わり、茶色く見ている部分はピンクになりました。


 

人数が集まればワークショップを開催することも可能です。
info@finngate.fi までお問い合わせください。

Myyrmäen Kirkko ミュールマキ教会

2019年、現在改装中で閉鎖しています。ご注意ください。

照明がとても綺麗なミュールマキ教会。別名「光の教会」と呼ばれています。
一日中、太陽光がどこかから差し込むように設計されています。
ここにくると、太陽光の入り具合や照明の使い方に感心しずっと見ていても飽きません。

myyrmakichurch3

1984年に建てられた、教会の外観。
ミュールマキ教会は、ヘルシンキのお隣のヴァンター市にあります。
ヘルシンキから空港行きのP電車に乗り、Louhelaロウヘラ駅下車すぐです。(片道約20分)

地図はこちら。
https://goo.gl/maps/kWCUzcTTav92

myyrmakichurch4

癒しの教会です。全体的に白で統一されています。

myyrmakichurch2

そしてフィンランドのメーカー、Loviの木にいろいろメッセージが飾れていました。
https://www.lovi.fi/en/

myyrmakichurch5

教会の外にあるロビーでは、アルヴァ・アールトの椅子がたくさん並んでいました。

ヘルシンキからも気軽に行けるところにあります。
駅からすぐなので、是非お越しくださいね。

Eerikkilä エーリッキラ

フォルッサの近くにある、宿泊施設エーリッキラ。ヘルシンキから1時間とちょっと。
フィンランドの森と自然はもちろん、カヌーやハイキングなどのアウトドアもお楽しみいただけます。
湖畔に佇むスポーツ設備が整った施設です。

eerikkila12

陸上、サッカーなどの屋外競技から、球技などができる屋内の体育館、プールまで設備が整っており、オリンピックなどの強化練習が行われる場所でもあります。

eerikkila1

施設内にはホテル、学生用のホステルタイプの宿泊施設から、去年から今年にかけて建てられた、ラグジュアリータイプのコテージ、メゾネットタイプのホテルがあります。

eerikkila11

こちらはコテージ。大きなコテージは12名まで、小さめのコテージは9名まで宿泊できます。

eerikkila5

広々とした、リビング。暖炉もコテージ内と外に二箇所ありました。

eerikkila4

階段を上がるとベッドやくつろぐスペースがあり、こちらからの景色も素敵です。

eerikkila9

キッチンは、オーブン、電子レンジなど揃っており、食材を持ち込み調理することができます。

洗濯機、乾燥機もあり、そしてもちろんシャワーとサウナも。
長期滞在にも適しています。

eerikkila10

そしてアパートメントタイプの宿泊施設もあります。
(2から3階はメゾネットタイプ)

eerikkila13

施設内にある、サウナ。サウナのあと湖にドボンと行くこともできます。

eerikkila8

一度に300名収容できるレストラン。ビュッフェラインも4つあります。
レストラン自体はもともとある建物ですが、去年改装工事が終了しとても綺麗です。

eerikkila7

レストラン1階部分はカフェになっており、同じフロアに劇場や10人くらい入れそうな大きなサウナもあります。

エーリッキラのHPはこちらから;
https://www.eerikkila.fi


 

当社ではエーリッキラの送迎、宿泊の手配を致しております。

info@finngate.fi までお気軽にお問い合わせくださいませ。

Forssa フォルッサ

ヘルシンキから約1時間とちょっとのところにある、フォルッサ。

フィンランドのテキスタイルメーカー、フィンレイソンの工場があった町で知られています。

forssa2

スウェーデン人の商人がフォルッサで今のフィンレイソンの基盤となる紡績会社を立ち上げました。そのオフィスや工場の建物が、現在は博物館、レストラン、手工芸品を扱うお店、学校などがある複合施設として利用されています。

forssa5

建物の一部にある、フォルッサ博物館。

フォルッサの昔の生活の様子、紡績で栄えていた頃の様子など写真や使われていたものが展示されています。

forssa6

こちらは生地のプリントをする時に使われていた、デザイン版。
ムーミンがいるのがわかりますか?

forssa7

そして町から少し離れたところに建てられたフィンレイソンの工場。
現在、工場は海外に移転しましたが、フィンレイソンのオフィスとアウトレットショップは残されています。

forssa3

建物の全体画像。お城のようです。

forssa4

こちらはフィンレイソンのアウトレット。

アラビア店と比べると規模が大きく、セールの品揃えが豊富でしたよ!

Häme Medieval Festival ハメの中世のお祭り

今週末8月19日まで、ハメーンリンナにあるハメ城公園では中世のお祭りが開催されています。

https://www.keskiaikafestivaali.fi/en/etusivu

hame8

イベントの見どころは、中世時代に遊ばれていた遊び、食事の再現(上の画像は豚の丸焼き。解体中の画像は一番下をご参照ください。)そしてフィンランドの手工芸のお店など。
午後からはコンサートなどのイベントが開催されます。

hame4

イベント会場のすぐ隣には湖があり、フィンランド特有の森と湖の風景もお楽しみいただけます。

hame6

早速昨日行ってきましたので、その画像をお楽しみください。

hame9

いろいろな色の丸いものは太鼓です。
他にも、弓矢や木刀など昔遊んでいたであろうおもちゃが販売されています。

(後方の建物はハメ城)

hame7

 

hame11

そしていつもとてもきになる白樺などの木の皮で作られたかご。
販売しているおじさんに注目!白樺の皮製ベスト、白樺の皮製帽子をかぶっています。

hame3

こちらは手作りの木製カトラリー。
隣で職人がデモンストレーションしていました。

hame10

懐かしい!と感じたリンゴ飴。フィンランドにもあるんですね。

hame5

そして陶芸用の土を練っているお姉さん。

このイベントのスタッフはみなさん中世時代の洋服を身にまとっています。

hame2

そして豚の丸焼き解体中の画像。

ハメーンリンナまではヘルシンキから電車またはバスで片道約1時間。
今週末、日帰りで行ってみてはいかがでしょうか?