桃タルト Persikka rahkapiirakka

フィンランドのイースターで食べるものと言えば・・・

Mämmi マンミ。
ライ麦の粉とシロップなどを混ぜ、オーブンで焼いたもの。デザートとして食べますが、見た目は良くないし、食欲をそそられるものではない(画像右参照)
他、羊肉や、卵を使った料理が食卓に並びます。
もちろんデザートにはイースターエッグも。

オーソドックス系(ロシア正教)やロシア系フィンランド人はPaskhaという乳製品で作られたお菓子を食べる習慣があり、以前友人宅で食べたことがあります。
MämmiもPaskhaもイースターの時期になるとスーパーで購入することができます。

さて、今回は我が家で毎年のようにイースターの時期に作るレシピをご紹介します。
これは桃缶を使い、卵に見せかけたケーキ。とても簡単です!

このレシピは通常rahkaを使いますが、日本では手に入りにくいので、水切りヨーグルト、またはクリームチーズで代用してください。

材料

(直径22cmタルト皿1枚)

【生地】
小麦粉(ふるっておく)150g
グラニュー糖50g
ベーキングパウダー小さじ1
カルダモン(粉末)小さじ1
バター(溶かしておく)35g
生クリーム100ml
牛乳50ml
1個

時間のある方は鍋にバターとカルダモンを入れてから弱火でバターを溶かしてください。香りがバターに移りさらに美味しくなります。

【フィリング】
水切りヨーグルトまたはクリームチーズ100g
生クリーム100ml
グラニュー糖50g
1個
桃の缶詰1個

作り方

①【生地】の材料の粉類を全てボウルに入れ混ぜる。

②①に生クリーム、卵、バターを少しずつ入れその度にゴムベラでかき混ぜる。
 牛乳は少しずつ入れ様子を見る。足りないようであれば追加、調整してください。

③生地をタルト皿(直径22cm)に伸ばし入れる。

④桃缶の桃を③の生地の上に静かに乗せ並べる。

⑤【フィリング】の桃以外の材料全てボウルに入れ泡立て器でまぜる。

⑥混ぜたものを④の桃と桃の間に静かに流し入れる。(桃の容量や入れ物の大きさによりますが全部入らないかも)

⑦200℃に温めたオーブンで30分焼く。粗熱を取り冷蔵庫で冷やして召し上がれ!

(余った生地でミニサイズを作りました!)