フィンランドの住まい サウナ編

日本の住まいにはバスタブが必須ですが、フィンランドはサウナ。

集合住宅は共同サウナがありますが、一軒家は必ずと言っていいほどサウナ付き。
一般的なサウナは上の画像のように白木を基調としたサウナルームが多いです。

フィンランド人にとって、サウナはなくてはならないものです。
昔は産気づくとサウナに行きサウナで出産。
死んだ時も死体をきれいに洗うのはサウナだったそうです。
そしてユハンヌス(夏至祭)やクリスマスなどの行事や、ホームパーティでもサウナに行きます。裸の付き合いは日本と同じですね。

そしてフィンランドには、変わったサウナもたくさん。
サウナの車やバスといった乗り物、サウナの観覧車、サウナの船、そしてストックマン前のバーガーキングにもサウナがあるんですよ!

サウナが予約できるオンラインサイトもあります。(現在はフィンランド語のみ)
https://www.saunaonline.fi/saunat 
変わりサウナはこちら。
https://www.saunaonline.fi/erikoiskohteet

近年はおしゃれな公衆サウナ、Löylyが人気です。
いつも混んでいるので予約をすることをお勧めします。
https://www.loylyhelsinki.fi/
(現在はお休み中)

家庭サウナの最近のトレンド?このようなダークカラーのサウナも増えてきています。

サウナルームを温めるKiuas(キウアス)。
積み上げた石を熱くしここに水をかけ蒸気がでます。
この蒸気のことをLöyly(ロユリュ)と呼びます。
石を温めるのは街の住宅地ですと電気を利用するところが殆どですが、田舎やコテージは薪で温めます。

フィンランド人と一緒に入ると、ここにガンガン水をかけてめちゃめちゃ熱くするので、覚悟が必要です(笑)

画像は全て住宅展示会で撮ったものです。
色々なサウナスタイルがありました。特に、オーナーがミュージシャンの家のメラメラと燃えているような照明を使っているサウナ(画像参照)は個性豊かで面白かったです!

日本のサウナは水かけ禁止のところがあったりしますが、フィンランドは水かけ必須です。是非フィンランド滞在の際、本場サウナに行ってみてくださいね。

桃タルト Persikka rahkapiirakka

フィンランドのイースターで食べるものと言えば・・・

Mämmi マンミ。
ライ麦の粉とシロップなどを混ぜ、オーブンで焼いたもの。デザートとして食べますが、見た目は良くないし、食欲をそそられるものではない(画像右参照)
他、羊肉や、卵を使った料理が食卓に並びます。
もちろんデザートにはイースターエッグも。

オーソドックス系(ロシア正教)やロシア系フィンランド人はPaskhaという乳製品で作られたお菓子を食べる習慣があり、以前友人宅で食べたことがあります。
MämmiもPaskhaもイースターの時期になるとスーパーで購入することができます。

さて、今回は我が家で毎年のようにイースターの時期に作るレシピをご紹介します。
これは桃缶を使い、卵に見せかけたケーキ。とても簡単です!

このレシピは通常rahkaを使いますが、日本では手に入りにくいので、水切りヨーグルト、またはクリームチーズで代用してください。

材料

(直径22cmタルト皿1枚)

【生地】
小麦粉(ふるっておく)150g
グラニュー糖50g
ベーキングパウダー小さじ1
カルダモン(粉末)小さじ1
バター(溶かしておく)35g
生クリーム100ml
牛乳50ml
1個

時間のある方は鍋にバターとカルダモンを入れてから弱火でバターを溶かしてください。香りがバターに移りさらに美味しくなります。

【フィリング】
水切りヨーグルトまたはクリームチーズ100g
生クリーム100ml
グラニュー糖50g
1個
桃の缶詰1個

作り方

①【生地】の材料の粉類を全てボウルに入れ混ぜる。

②①に生クリーム、卵、バターを少しずつ入れその度にゴムベラでかき混ぜる。
 牛乳は少しずつ入れ様子を見る。足りないようであれば追加、調整してください。

③生地をタルト皿(直径22cm)に伸ばし入れる。

④桃缶の桃を③の生地の上に静かに乗せ並べる。

⑤【フィリング】の桃以外の材料全てボウルに入れ泡立て器でまぜる。

⑥混ぜたものを④の桃と桃の間に静かに流し入れる。(桃の容量や入れ物の大きさによりますが全部入らないかも)

⑦200℃に温めたオーブンで30分焼く。粗熱を取り冷蔵庫で冷やして召し上がれ!

(余った生地でミニサイズを作りました!)

フィンランドの住まい キッチン編

コロナの影響ですっかり静かになったフィンランド。

飛行機も飛ばず(貨物のみ)、仕事もなくなりましたが、只今未来のお客様をお迎えするための準備をしております(苦笑)

さて、フィンランド旅行とは関係ないのですが、フィンランドの住まいについてご紹介していきたいと思います。

著者は日常、IittalaのTeemaを愛用しています。

ロングセラーのTeemaだと、1枚割れた後買い足しができるので重宝しています。

マリメッコもありますよ。

コーヒーカップ&ソーサーはIittala Teemaの他に、
Arabia Aplia
Arabia Paratiisi のパープル
あとはムーミンマグ。
ムーミンマグは毎年新しいものが出るのでここに納まらないほどになりました(汗)

フィンランドのキッチンのデフォルト。
シンクの上の棚は水切りになっていて、洗ったあとここに食器類を立てかけ自然乾燥。
そして、シンクの下はゴミ箱スペースになっていて、ゴミ箱は隠れています。

フィンランド人はブラシで食器類を洗いますが、私はスポンジ派。
スポンジも乾燥しやすいようにぶら下げています。

コーナーの収納。

これは日本のシステムキッチンも同じですかね。

グルグル回して鍋などを取り出します。

入れすぎて引っかかってグルグル回りませんが(汗)

我が家は包丁などこのように収納しています。

IKEAのVARIERAシリーズ。

引き出しに入らなかったので端はのこぎりで切って調整しました。

フィンランドはコンロはIHか電気が多く、ガスコンロは珍しいです。
そしてオーブンはだいたいコンロの下にあります。

コンロの上の棚は奥行きの狭い棚になっていて(裏側は換気扇)調味料など入れてます。

今日は換気扇も掃除しまして・・・。
換気扇の中の部分を外して、食洗機でガーッと洗ってもらうだけですが。
フィンランドの食洗機は大きいので換気扇の中の部分も丸ごと洗えてしまえて便利です。
(これはうちの親戚達がやっている方法で正式の洗浄方かどうかは不明です)

そして引き出しの収納。
散らかっていてあまりお見せできるものではありませんが・・・。
日本から持ってきた米櫃がちょうど入るサイズだったのがありがたい。

この収納はPintarestで見つけた方法。
MUJIのポリプロピレンメイクボックスに、日本のセリアで購入した袋止めクリップ18cmにテプラを貼ったもの。こう収納するととても見やすい!
家族にもわかるように日本語とフィンランド語、2カ国語にしました。

以上、我がキッチンの画像ですが、フィンランド人のキッチンはもっとすっきりしていると思います。
なんせ、日本の調味料などが散乱しているもので、なかなか整理ができていません。
このコロナの状況を利用して、ボチボチ整理整頓していきたいと思います!