Hotel Kämp ホテルカンプ

ヘルシンキでデラックスホテルといえば、ホテルカンプ。
場所もヘルシンキ中心にあり、とても便利なところにあります。
https://www.hotelkamp.com/en/

フィンランドに来るセレブは必ずと言っていいほど、このホテルのスウィートルームに泊まるので、コンサートやホッケーなどの試合の前日からよくファンが集まっているのを見かけます。

ホテルの部屋は全室バスタブ付き!(日本人に朗報!)
私の泊まった部屋の窓からは隣のカンプガレリア(ショッピングモール)が見えました。
ガラス張りなので、中の様子も見れましたよ。

夕食は1階のホテルレストランで4コースをいただきました。
ここのレストランで食事をしている間、フィンランドの有名な政治家、女優、テレビでよく見る料理人を見かけました。
(田舎者なので常に目がキョロキョロしてましたよ)

内装が全体的にとてもクラッシック。
この階段は12月6日の独立記念日のパーティーの二次会生中継で見たことがあります。

1階レストランのすぐ隣にあるバーです。
ちょっと暗めでムード抜群!

カンプのみ販売されているカンプビール。是非お試しください。

そして朝食。コーヒーはカプチーノ、ラテなど選ぶことができ、オムレツも中身の希望を聞き、持ってきてもらいます。
日曜日だったので、ホテルゲスト以外でもカンプの朝食を食べにきていましたよ。

ホテル朝食はビュッフェで32€
https://www.hotelkamp.com/en/

日曜日の人気のブランチは42€から
https://www.brasseriekamp.fi/en/food-and-drinks/brunch

女性に人気のアフタヌーンティーは40€
https://www.brasseriekamp.fi/en/food-and-drinks/afternoon-tea

今はオフシーズンなのでお得な料金で泊まることができました。
サウナ(フィンランドサウナとスチームサウナ)やジムも利用することができます。
また是非泊まって見たいホテルです!

ホテルカンプの宿泊について
info@finngate.fi
までお問い合わせくださいませ。

Original Sokos Tripla

本日、1月13日にパシラ駅にあるオリジナル・ソコス・トリプラがオープンしました。
関係者向けのオープニングに参加し、部屋なども見てきたので早速ご紹介します!

上の画像は道路側にある出入口。ここが4階になります。

パシラ駅には大きなショッピングモール・トリプラがあり、レストランも何軒も入っています。
ヘルシンキ空港から電車に乗ってパシラ駅下車、雨が降っていても、吹雪いていても天候を気にすることなくチェックインができます。
個人の車で来る場合も、地下の駐車場からエレベーターがホテルに直通!
とても便利ですよ。

オリジナルソコストリプラのHP
https://www.sokoshotels.fi/en/helsinki/original-sokos-hotel-tripla
(4つ星ホテル)

↑ この画像は駅から行く場合のホテルの出入口。
駅からの出入口には現在、Original Sokos Triplaと書かれた看板がないのでとても見つけにくいですが、近日中に設置しますとのこと。

レセプションエリアはそんなに広くないですねー。
(大型団体だとごった返すかも)
カフェエリアとスーツケースなどの荷物が預けることのできるロッカーがあります。

スタンダードルーム。(計319室)
この部屋はハリウッドツイン。
ミニバー(ミニ冷蔵庫)はありません。
南側は画像のような開けた景色ですが、ホテルのすぐ北側にオフィスビルがあるので、北側の部屋はあまり景色が良くないですね・・・。(高層階だと見渡せますが)

そして一部のスタンダードルーム、スーペリアルームにはエクストラベッドが備え付けられています。
壁の上の方の取手を手前に引くとベッドに!(上の画像参照)

一部のスタンダード、スーペリアルームはバスタブ付き!

シャワーオンリーの部屋もあるので、予約をするときにバスタブ付きをリクエストすることをお忘れなく!

こちらはスーペリアルーム。(計70室)
(画像はハリウッドツイン)
スーペリアはスタンダードよりも上層階、バスローブなどが利用でき、使えるアメニティーなども違うそうです。

スーペリアXルームという部屋(計37室)
スーペリアXだと角部屋で2方面がガラス張りになっているので開放感があります!

上の画像はジュニアスイート。(計3室)
ベッドルーム、リビングルームがありリビングは角部屋、2方面がガラスで景色を見渡す事ができます。(上の画像の右側をクリック!)
スイートのバスルームはバスタブとシャワーが別になっています。(画像左側)

他、サウナ付きのサウナスイート(1室)もあります。

レストランは6階、335名収容可能!
南側向きなので、ヘルシンキ市中心部を見渡す事ができます。

4階のレセプションの上、4.5階にはシンプルで落ち着いた色使いで統一されたバーがあり、バー北側はショッピングモールに面しています。

8階のジム、男女別のサウナは、宿泊客は自由に使う事ができます。

5階と7階の一部には会議室があり、

一番大きな場所は最大650名収容可能です。

ヘルシンキ中央駅から一駅、買い物もレストランも同じ屋根の下でできるので、おすすめですよ!

ホテル、会議室などの手配に関しましては、
info@finngate.fi
までお問い合わせくださいませ。

Hotel Haven ホテル・ヘイヴン

マーケット広場近くにあるホテル・ヘイヴン。

在フィンランド日本大使館の前にホテル正面玄関があります。

https://www.hotelhaven.fi/en/

レセプションエリア
インテリアは落ち着いた感じです。

レセプション近くにあるバーエリア。
お酒の瓶がものすごい数ですね!
昼間の画像なので明るいですが、夜になると雰囲気のいいバーになります。

ホテルの部屋は、マーケット広場側かウニオニン通り(Unioninkatu)側のいずれかになります。
このお部屋はマーケット広場側。
画像は少し隠れいますが、ウスペンスキ寺院、そしてアッラス・シープールも窓から望めます。

タウンスクエア・スイートルーム。
画像左手前はダイニングルームがあり、ちょっとしたミィーティングにも利用することができます。
画像右側の奥にダブルベットがあり、またコネクティングルームをリクエストすると隣のスーペリアールームと同時に利用することができます。

朝食会場はヘルシンキで二番目に古い建物の中にあり、アンティーク家具を基調とした素敵なインテリアでした。
朝、活気のあるマーケット広場、オールドマーケットホールを眺めながら朝食をお召し上がりいただけます。
朝食はビュッフェ形式、パンはもちろん、野菜、魚、ハムからデザートまで、豊富な種類から選ぶことができます。

ホテル・ヘイヴンのお部屋の料金の問い合わせは、info@finngate.fi までどうぞ。

Eerikkilä エーリッキラ

フォルッサの近くにある、宿泊施設エーリッキラ。ヘルシンキから1時間とちょっと。
フィンランドの森と自然はもちろん、カヌーやハイキングなどのアウトドアもお楽しみいただけます。
湖畔に佇むスポーツ設備が整った施設です。

eerikkila12

陸上、サッカーなどの屋外競技から、球技などができる屋内の体育館、プールまで設備が整っており、オリンピックなどの強化練習が行われる場所でもあります。

eerikkila1

施設内にはホテル、学生用のホステルタイプの宿泊施設から、去年から今年にかけて建てられた、ラグジュアリータイプのコテージ、メゾネットタイプのホテルがあります。

eerikkila11

こちらはコテージ。大きなコテージは12名まで、小さめのコテージは9名まで宿泊できます。

eerikkila5

広々とした、リビング。暖炉もコテージ内と外に二箇所ありました。

eerikkila4

階段を上がるとベッドやくつろぐスペースがあり、こちらからの景色も素敵です。

eerikkila9

キッチンは、オーブン、電子レンジなど揃っており、食材を持ち込み調理することができます。

洗濯機、乾燥機もあり、そしてもちろんシャワーとサウナも。
長期滞在にも適しています。

eerikkila10

そしてアパートメントタイプの宿泊施設もあります。
(2から3階はメゾネットタイプ)

eerikkila13

施設内にある、サウナ。サウナのあと湖にドボンと行くこともできます。

eerikkila8

一度に300名収容できるレストラン。ビュッフェラインも4つあります。
レストラン自体はもともとある建物ですが、去年改装工事が終了しとても綺麗です。

eerikkila7

レストラン1階部分はカフェになっており、同じフロアに劇場や10人くらい入れそうな大きなサウナもあります。

エーリッキラのHPはこちらから;
https://www.eerikkila.fi


 

当社ではエーリッキラの送迎、宿泊の手配を致しております。

info@finngate.fi までお気軽にお問い合わせくださいませ。

Radisson Blu Seaside Helsinki

今日、終日商談で訪れていた、ラディソンブルーシーサイドホテル。
エストニア行きの港、西ターミナルにほど近いところにある、海沿いのホテルです。

以前チーズの倉庫として利用されていた建物と、食品検査所の建物を改装し、現在はホテルとして利用されています。

すぐ近くにヒエタラハティがあり、夏は青空フリマが行われるため観光客に人気があります。

temp-177

エントランス付近のスペース。

モダンな北欧家具で統一されています。

temp-178

レストランエリア。天井が高く、開放感があります。

temp-179

スーペリアルーム。

ダブルベット2台なので、4名まで宿泊が可能です。

temp-180

そして、ビジネスクラスルーム。天井が高くロフトタイプの部屋です。

temp-181

2階部分から眺めた景色。

temp-183

そしてリビング部分。

temp-185

こちらはシーサイドスイート。

このホテルで一番広いスイートルームです。

temp-184

そして、シーサイドスイートルームのテラスにはジャグジーがあり、

テラスからは海が望めます。

気持ち良さそうですね!


2年前に改装工事が終わり、全体的に新しくなったラディソンブルーシーサイド。

最上階にあるラウンジ、サウナは景色がよく大変人気がありますが、貸切のみの利用となります。

ヘルシンキの中心部からは少し離れていますが、中心部のホテルより落ち着いた雰囲気で、部屋も広々とした感じが印象的でした。

 

Scandic Grand Marina Helsinki

今日スカンディックグランドマリーナでの会議の後、ホテルの方が会場を案内してくださいました。

スカンディックグランドマリーナは、マーケット広場近くにあるホテル。

ホテル隣に会議場とレストランを兼ね備えたコングレスセンターがあり、フィンランドで大きな会議が行われるときによく利用されます。

temp-161

こちらは、マリーナコングレスセンター

上の画像は2階の会議室、Fennia。最大700名まで収容可能です。
ヴァイキングラインのターミナル横にあり、スウェーデン行きの船がすぐ横につきます。

temp-160

1階のEuropaea。こちらは最大650名まで収容可能。

大きな会議室はすでにフィンランドの年末(ピックヨウルと呼ばれる、クリスマスパーティの時期)の金曜日はすでに予約でいっぱいだそうです!

temp-157

そして、ホテルのあるお隣の建物、スカンディックグランドマリーナ。
上の画像は、スタンダードルーム。中にはバスタブ付きのお部屋もあります。

temp-158

そしてメゾネットタイプのプレジデンシャルスイート。

temp-155

バスタブ、サウナ付きです。

temp-154

上の画像はジュニアスイート。

temp-153

フィニッシュブルーを基調にした、インテリアデザイン。
訪れた部屋は窓が天井、海側とマーケット側にあり、とても明るく開放感がありました。

ビジネスでフィンランドに訪れる方が多く利用するそうですが、スウェーデン⇄フィンランド観光で利用するお客様も多いそうです。

マーケット広場、ヴァイキングラインのターミナル近くなので、荷物を置いて観光できるのがいいですね。

Scandic Helsinki Airport

img_1578

新しくオープンした、スカンディック・ヘルシンキ・エアポートのオープニングセレモニーに行ってきました。

第2ターミナルすぐそばにあり、とても便利です。

建物はホテルだけでなく、フィンランド航空、警察などのオフィスビルとしても利用されています。

 

img_1580

レセプションのある3階には、バー、レストラン、会議室などもあります。

吹き抜けのスペースで天井はガラス張り!晴れていたので、日差しが眩しかったです。

img_1581

3階から7階まで客室です。

img_1587

3階のスペースはとてもユニークで、こんな椅子があったり…

img_1588

ゆらゆら揺れるブランコのような椅子も。

img_1586

レセプションの手前には小さな窓のないスペースが3つあり、
サウナ、森、小部屋とそれぞれの名前をテーマにインテリアがデザインされています。
上の画像はもちろんサウナがテーマの部屋。(注:サウナではありません)

img_1589

会議室。

会議室は合計6室ですが、壁を移動することができるので、最大36名まで収容可能です。

img_1585

プロジェクターは下から投影するタイプのものを使っています。

プロジェクターの前に人が通るときに影にならなくていいですね!

img_1584

フィンランドに会議を目的に来るビジネスマンにとって、空港で会議をすると移動の時間が省け便利だそうで、会議室の利用は上昇傾向にあるそうです。

img_1582

部屋は全部で150室。

スペリアールームの一部、20室にはバスタブがあります。

img_1583

ファミリールームは合計38室。
ダブルベッド+2段ベットがあり、家族4名まで泊まることができます。

このタイプの部屋、ヘルシンキ市内のホテルにはなかなかないので、家族旅行に人気間違いなし!

大阪や東京でもファミリールーム増やしてもらえないだろうか…。

————–

レステルグループも買収し、北欧最大のホテルチェーンのスカンディック。
今後も何箇所かオープンする予定だそうです。すごいですねー!