セウラサーリ島 Seurasaari

ヘルシンキ西部に位置する、セウラサーリ島。
島全体が屋外博物館になっており、古い建物がフィンランド全土より集められ、この島に移築されました。

行き方:
ヘルシンキからバス24番に乗り、終点下車

バス停の近くに橋があり、この橋を渡ると、セウラサーリ島です。

博物館は夏季のみオープン(6月中旬から9月中旬)
入場料は大人10€、子供4€です。(2020年現在)
https://www.kansallismuseo.fi/en/seurasaarenulkomuseo

チケットは橋を渡り、橋の近くにあるこのキオスクで購入できます。

建物の中に入らなければ入場料は不要で、近所の人がジョギングや散歩に来ているのをよく見かけます。

秋から冬にかけては博物館が閉まっているため建物の中に入ることができませんが、外からの見学はできます。

毎年、ユハンヌス(夏至祭)にはイベントが行われ、コッコと呼ばれる大きな焚き火をすることで有名です。

古い木造の建物が島のあちこちに展示されています。

フィンランドの手工芸、ヒンメリが飾られていてとても可愛いです。

建物の中は昔の生活の様子が再現されており、白樺の皮で作ったカバンや、表裏が同じ模様で刺繍されたカレリア刺繍などが飾られていました。

こちらはセウラサーリ島にある教会。
結婚式で人気のある教会です。
自然に囲まれた古い教会でのウエディング、タイムスリップしたようですね。

島内にあるカフェ、Antin Kaffeliiteri (アンティン・カフェリーテリ)
天気の良い日はテラス席が気持ちよさそう!
夏季のみ営業しています。

https://www.kansallismuseo.fi/en/seurasaarenulkomuseo/ravintola-ja-kahvila

こちらはレストラン、クルーヌ。
ランチは日替わりで、私の行った時はミートボールなどがありました。
サンドイッチやシナモンロールなどの軽食もありますので、休憩がてら立ち寄ってみるのも良いですね。

https://seurasaarenkruunu.fi/en/

セウラサーリ島をぐるっと回ると半日はかかります。
自然に囲まれた島ですので、7月下旬から8月にかけてブルーベリーやラズベリー、キノコ狩りもできます。
島内を歩いていると鳥や動物にも遭遇することができますよ!

自然を満喫できる、おすすめスポットです。
是非訪れてみてくださいね!

Lintulan Luostari リントゥラ女子修道院

ロシア正教のリントゥラ女子修道院。
先日ご紹介した、ヴァラモ男子修道院から車で約20分のところにあります。

場所はこちら https://goo.gl/maps/jTbuhwbeQZYU1TJk8

上の画像は入り口の左側にある建物で、中にお土産など販売している売店があります。

入り口の右側には教会があり、中では礼拝が行われていました。

教会の建物の先は、白樺の並木道が続きます。

並木道が終わったところに小さなカフェと・・・

素敵なお庭がありました。
庭はこんな感じで綺麗に手入れされていましたよ。

カフェの先は典型的な田舎の風景。
右は藁を乾燥させていて、その先には湖が広がります。
農機具などもあり、少しタイムスリップしたような感じでした。

Valamon Luostari ヴァラモ修道院

ヨエンスーから車で約1時間のところにある、ヴァラモ修道院。
オーソドックス教会(ロシア正教会)の男子の修道院です。

女子の修道院、リントゥラ修道院も近くにあります。

入口がこのように、もみの木の道並みが続きます。
天気は良かったのですが、木が生い茂っているので日中でもかなり暗いですね。

敷地内には教会はもちろん、学校、合宿所、ホテル、レストランなどがあり、しばらく歩くとJuojärviユオ湖の湖畔にサウナ(もちろん!)と船着き場もあります。

もみの木の道を抜けると、教会が見えます。
ロシア正教のシンボルである教会の丸い屋根、フィンランド人はSipuli「玉ねぎ」と呼びます。確かに!

ロシア正教の多くの教会は、椅子がありません。
そして十字架の下の方にある、斜め線☦️もロシア正教の特徴です。

教会の隣のお土産屋さん兼ワイナリーショップ。
ベリーで作られたワインが販売されています。

お土産屋では、この地域の手工芸や、ロシア正教に関する本などが売っています。お土産はなんとなくロシアっぽい感じです。
上の画像はカレリア地方の刺繍ですが、これを販売しているところはフィンランドでもあまり見かけることがありません。

そしてすぐ隣の白い建物はレストランになっています。
テラス席もオープンしていましたが、天気が良かったせいか満席でした!

少し歩くと、子供のための遊び場とセカンドハンドショップがありました。

ヴァラモ修道院の学校では、ロシア正教のことだけではなく、フィンランド独特の手工芸(ヒンメリ、カレリア刺繍、きのこ染色など)や写真や合唱などの普通の習い事までありましたよ。
合宿所もあるので、泊まり込みで習得できそうですね!

Myyrmäen Kirkko ミュールマキ教会

2019年、現在改装中で閉鎖しています。ご注意ください。

照明がとても綺麗なミュールマキ教会。別名「光の教会」と呼ばれています。
一日中、太陽光がどこかから差し込むように設計されています。
ここにくると、太陽光の入り具合や照明の使い方に感心しずっと見ていても飽きません。

myyrmakichurch3

1984年に建てられた、教会の外観。
ミュールマキ教会は、ヘルシンキのお隣のヴァンター市にあります。
ヘルシンキから空港行きのP電車に乗り、Louhelaロウヘラ駅下車すぐです。(片道約20分)

地図はこちら。
https://goo.gl/maps/kWCUzcTTav92

myyrmakichurch4

癒しの教会です。全体的に白で統一されています。

myyrmakichurch2

そしてフィンランドのメーカー、Loviの木にいろいろメッセージが飾れていました。
https://www.lovi.fi/en/

myyrmakichurch5

教会の外にあるロビーでは、アルヴァ・アールトの椅子がたくさん並んでいました。

ヘルシンキからも気軽に行けるところにあります。
駅からすぐなので、是非お越しくださいね。

Pyhän Ristin kirkko ハットゥラ聖十字架教会

ハメーンリンナ近郊に、1300年代に建てられた歴史のある教会、ハットゥラ聖十字架教会があります。

hauholankirkko4

訪れた時に案内してくださった教会の人が言っていましたが、中のフレスコは建てられた当時、昔のままの状態だそうです。

hauholankirkko2

講壇も木彫です。掘った後に綺麗に色付けされているのが特徴です。

hauholankirkko3

1550年ごろに作られたこの説教壇はフィンランドで一番古いものだそうです。

hauholankirkko4

そしてイエスキリストや、他マリア像などもありましたが、全て木彫。
木彫りの像は全部で約40体あるそうです。

hauholankirkko5

そしてお墓の前はハメーンリンナとタンペレに続く湖があります。

教会は毎夏一般公開しています。(入場無料)詳細はこちらから。
https://www.hattulanseurakunta.fi/kirkot-ja-tilat/kirkot/pyhan-ristin-kirkko/the-holy-cross-church (英語)

夏季はハメーンリンナから船に乗りタンペレまで行くことができます。
その途中、ハメ城やこのハットゥラ聖十字架教会をみることができるので、天気がいい日に出かけてみてはいかがでしょうか。

船会社のHP
https://www.hopealinjat.fi/en/ (英語)


当社ではヘルシンキからハメーンリンナに行く日本語ドライバーを手配できます。
是非お問い合わせください!

Loviisa ロヴィーサ

ヘルシンキから東へ車で約1時間のところにある小さな町ロヴィーサ。
スウェーデン統治時代に作られた町で、その当時の王妃の名前にちなんで名付けられました。

Loviisa kirkko

ロヴィーサの町に入る時はこの教会が目の前に現れ、みなさんを迎え入れてくれます。
街の中にも要塞がそのまま残されており、訪れることができます。

Loviisa satama 1

ロヴィーサの波止場、Laivasilta(ライヴァシルタ)近くはたくさんのレストランやショップが立ち並んでいて、毎夏観光客で賑わいます。

Loviisa satama 2

フィンランドでよく見られる、赤い塗料の倉庫。
ここが現在はお店やレストランになっているので、実際に中に入ることもできます。

ここの波止場から毎夏スヴァルトホルム要塞へ行く船が運行します。


当社ではヘルシンキからロヴィーサに行く日本語ドライバーを手配できます。

是非お問い合わせください!

Pernajan Kirkko ペルナヤ教会

ヘルシンキから車で約1時間。ペルナヤにある中世の教会です。

temp-285

ペルナヤ教会は1400年代に建設された石の教会。
この教会はドイツの建築様式を参考に建てられたそうです。

temp-286

教会の周りには墓地があります。
この地区はスウェーデン系の住民が多いせいか、墓石の苗字もスウェーデン系が多かったです。

temp-283

教会の中がとても素敵です。
講壇の彫刻が細かいところまで表現されていて素晴らしいです。

temp-284

いつ作られたのかわかりませんが、見た感じとても古そう。
しかも誰でも触れる場所にあるので、余計なお世話ですが管理はこれで大丈夫なのか少し心配。

temp-287

そしてイエス・キリストも彫刻!
天井画も細かくてとても美しいです。

temp-288

フィンランドの教会はシンプルな内装のところが多いですが、このペルナヤ教会は金でも装飾されており、天井も模様が施されていて、通常の教会と少し違う感じです。

美しい調度品と、静けさに癒されます!

当社ではヘルシンキからペルナヤ教会に行く日本語ドライバーを手配できます。
是非お問い合わせください!

セントローレンス教会、中世時代のイベント Helsingin pitäjän Kirkko

ヴァンター市、空港にほど近いところにあるセントローレンス教会。

1450年に建てられたという、歴史のある教会です。

昨日(8月12日)、中世時代のイベントがあったので、行ってきました。

教会の中の様子。

フィンランドのルーテル教会はシンプルですが、このセントローレンス教会はシンプルかつ天井に細かく装飾されており、見応えがあります。

外ではお店が立ち並び、手芸、工芸品など売られていました。

こちらはガラス製品。

窓際に飾るととても綺麗ですね。

中世時代の兜や盾など。

子供だけでなく、大人も興味津々でしたよ!

そしてワークショップ。

ビーズ刺繍、編み物、染物、そして弓など。プログラムには一日中ワークショップがありました。参加したかったー!

木の枝や松ぼっくりを使った子供用のワークショップにはたくさんの子供たちが参加していました。

囚人に使われたのでしょうか。子供達が喜んでいました。(笑)

そして、ポニーや馬車荷台に乗る体験コーナーもあり・・・

天気が良かったのでカフェには人がいっぱいでした。

夏の週末には様々なイベントがフィンランド各地で催され、地元の人たちで賑わいます。
当社ではお客様のフィンランド旅行に合わせ、イベントに参加するツアーも手配可能です。
是非お問い合わせください!

info@finngate.fi

Espoo Cathedral

img_0607

Last week, we visited Espoo cathedral, built between 1485 to 1490.
This is second oldest church in Helsinki metropolitan area.
(The oldest is Church of St.Lawrence in Vantaa, near Tammisto)

map : https://goo.gl/maps/4zKPENcy8Kn

先週エスポー大聖堂に行ってきました。建立年はなんと1485から1490年。
石造りの教会でヘルシンキ首都圏で2番目に古い教会です。

img_0606

Bell tower by Espoo Cathedral.

フィンランドの古い教会のそばに必ずと言っていいほどある、鐘塔。
教会の周りにはお墓がたくさんありました。

img_0609

Inside the church

教会の中はとてもシンプル。

img_0611

and painted ceiling.

天井画、こちらも派手でなくシンプルで落ち着きます。

I have been here for Christmas Eve. There were full of candles on Christmas.
I heard it is Finnish custom to visit relative’s cemeteries in Christmas.
It was amazing to see those candles in the dark, cold winter!

以前クリスマスイブに来たことがありますが、その時はロウソクがたくさんお供えしてありました。
フィンランドを含む北欧では、クリスマスに先祖のところにお墓参りに行くそうです。
(イギリスや他の南欧では、クリスマスに墓参りという習慣はないそうです)
暗いクリスマスにたくさんのキャンドル、とても幻想的でした。
クリスマスは美術館やお店など全て閉まってしまうので、もし何もすることがないとお困りであれば古い教会を訪ねるのも一つのアイデアですね。