Repovesi National Park レポヴェシ国立公園 vol.1

フィンランドでとても人気のハイキングコース、「レポヴェシ国立公園」をご紹介します。

https://www.nationalparks.fi/en/repovesinp (英語)

ハイキングコースですがこのvol.1では、上の画像の①から④まで詳しくご紹介します。
次のvol.2のブログでは引き続きハイキングとレポヴェシ絶景スポット、Olhavaオルハヴァまでをご紹介します。

①Lapinsalmi ラピンサルミ
ここからハイキングをスタート。
大きな駐車場にはキオスク(ソーラー発電のある建物)があります。

ヘルシンキからレポヴェシ(ラピンサルミ)まで車で約2時間半。

公共交通機関利用の場合、ヘルシンキからKouvolaコウヴォラまたはMäntyharjuマンテュハリユまで電車(または高速バス)。
夏季はコウヴォラまたはマンテュハリユからバス(上記画像、小型バス)がレポヴェシ国立公園まで運行しています。

バスの詳細はこちらから。
https://visitkouvola.fi/en/a/133/take-the-bus-to-repovesi-national-park

駐車場からハイキングコースに入る入り口には色々な情報が掲示されています。
柱にはキツネがいるのがわかりますか?
Repoレポは古いフィンランド語で「キツネ」を意味します。
Vesiは水なので、直訳すると狐水国立公園ですね。

駐車場からすぐのところに湖が見えてきます。
このような光景の中のハイキングが続きます。
マイナスイオン吸いまくりです(笑)

マップの②の地点です。
ここには渡し船があります。
渡し船と言うより、渡し「いかだ」の方が適していますね。

両岸に渡っているロープを引っ張っていかだを動かします。
初めて見ました。原始的ですね(笑)
疲れますが、とても楽しかったですよ!

湖畔沿いの道を進みます。
中には、このような岩だらけの道がありました。
足を踏み外したらビチョビチョ・・・。

マップ③のKapiavesiカピアヴェシ。
ちょっと疲れたかなー、そろそろ休憩したいなーと思っている時、ちょうどいいタイミングで休憩場が現れました。(笑)

火を焚べる場所も用意されていますし、(自分で薪を作らないといけないこともあります)バイオトイレもあります。
休憩場所によっては近くに井戸もありました。

Vol.2に続く・・・。

当社では、レポヴェシ国立公園のハイキングの手配をしています。
専用トランスファー、コテージなどご相談ください。
info@finngate.fi

広告