St.Martin’s Fair セントマーティンズフェア

今年も行ってきました、マーティンズフェア

今年は出展数が増えているような気がしました。

martinmarket2

エストニアの手工芸の作品や手芸用品など、可愛いバルト三国の雑貨がたくさん!

イベントも同時に行われており、民族衣装、民族舞踊や音楽なども楽しめます。

martinmarket6

ワークショップも体験でき、安価で参加することができます。

martinmarket7

温かみのある、ウール刺繍

martinmarket4

細かい目のクロスステッチ

martinmarket8

色々な模様のカラフルな毛糸の靴下

martinmarket1

ウールの絨毯

martinmarket3

こちらは手作りのクリスマスアドベントカレンダー。可愛いですね!

その他、木工品や、ヒンメリ、陶芸品などたくさんあります。

ワークショップ参加すると1日中楽しめますよ!タリンのマーティンズフェアは明日まで!

ヘルシンキでもこのマーティンズフェアが毎年行われています。
今年は11月24日と25日、Kaapelitehdasにて。
タリンに比べると規模は小さく、ワークショップなどはございませんが、ぜひ訪れてみてくださいね!

https://www.martinmarkkinat.fi/

広告

Häme Medieval Festival ハメの中世のお祭り

今週末8月19日まで、ハメーンリンナにあるハメ城公園では中世のお祭りが開催されています。

https://www.keskiaikafestivaali.fi/en/etusivu

hame8

イベントの見どころは、中世時代に遊ばれていた遊び、食事の再現(上の画像は豚の丸焼き。解体中の画像は一番下をご参照ください。)そしてフィンランドの手工芸のお店など。
午後からはコンサートなどのイベントが開催されます。

hame4

イベント会場のすぐ隣には湖があり、フィンランド特有の森と湖の風景もお楽しみいただけます。

hame6

早速昨日行ってきましたので、その画像をお楽しみください。

hame9

いろいろな色の丸いものは太鼓です。
他にも、弓矢や木刀など昔遊んでいたであろうおもちゃが販売されています。

(後方の建物はハメ城)

hame7

 

hame11

そしていつもとてもきになる白樺などの木の皮で作られたかご。
販売しているおじさんに注目!白樺の皮製ベスト、白樺の皮製帽子をかぶっています。

hame3

こちらは手作りの木製カトラリー。
隣で職人がデモンストレーションしていました。

hame10

懐かしい!と感じたリンゴ飴。フィンランドにもあるんですね。

hame5

そして陶芸用の土を練っているお姉さん。

このイベントのスタッフはみなさん中世時代の洋服を身にまとっています。

hame2

そして豚の丸焼き解体中の画像。

ハメーンリンナまではヘルシンキから電車またはバスで片道約1時間。
今週末、日帰りで行ってみてはいかがでしょうか?

中国の春節 @ Helsinki

2月15日、中国の旧正月を祝うイベントが行われていました。

kiinalainenuusivuosi 3

ステージ前は人、人、人。でまさに中国!

kiinalainenuusivuosi 4

Keskuskatuはこんな感じ。ものすごい人でした。

kiinalainenuusivuosi 2

kiinalainenuusivuosi 8

ステージでは中国の獅子舞、音楽、踊りなどのショーが行われていました。

kiinalainenuusivuosi 7

そして、ストックマンデパートの隣には干支の氷の彫刻。

kiinalainenuusivuosi 5

メインはもちろん、今年の干支、戌。

kiinalainenuusivuosi 1

氷の彫刻がライトアップされていました。

干支は全種類いませんでしたが、戌年に近い干支が並んでいましたよ!

kiinalainenuusivuosi 6

そして、中国関連の露店が並びます。

このイベント、1日だけというのが惜しいですね。来年から大晦日から祝うとか、もう少し長くして欲しいなー。

Penkkarit 高校三年生のイベント

temp-147

トラック十数台、ぞろぞろとやってきます!ずーっと、ずーっと向こうまでトラックです!

トラックの荷台には、高校卒業試験をちょうど終えた高校三年生たちが変装して乗って、道行く人たちに飴を投げています。

temp-146

画像をまじまじと見ると、本格的に変装している人もいますね(笑)

今週はずっと高校卒業試験でした。お疲れ様です。かといって、全員が卒業できるわけではなく、中には点数が足りず留年する学生もいます。

フィンランドではすでに何教科かデジタルテスト(PCに回答する)が導入されており、数年後には全てデジタルテストになるそうです。

私の時代はマークシート方式で、それも採点は機械がするのだと思いますが、PC導入でさらに採点の方法が楽になりそうですね。もちろん説明しなければならない回答もあると思いますが。

今年は撮影に徹していたので、飴ちゃんはたくさん拾えませんでしたが、来年こそ!

Helsinki Christmas Market

temp-28

ヘルシンキ大聖堂前のクリスマスマーケット。

https://tuomaanmarkkinat.fi/english-svenska/

今日はフィンランド独立100周年記念の特別な日なので、たくさんの人で賑わっていました。

temp-27

イルミネーションもフィンランドカラーの青で統一されていました。

temp-26

今年からはなんとサウナも!

temp-25

サウナの後に涼んでいる人たち。

水着やタオル持参で行かないといけませんね。
街中で水着になる勇気がある人は是非(笑)

 

ラエコヤ広場のクリスマスマーケット

ラエコヤ広場のクリスマスマーケット。

毎年、11月下旬から1月上旬まで開かれています。

http://www.christmasmarket.ee/

temp-52

エストニアのウール製品、木工品などの手工芸品、グリューワインやグロッギなどのクリスマスの飲み物、そしてサラミやソーセージなどの軽食も販売しています。

temp-53

エストニアの蜂蜜と蜜蝋キャンドル。

 

temp-50

お腹が空いたら、ポテトやソーセージをご賞味ください!

ヘラジカ、トナカイ、くま、ビーバーなど少し珍しい動物の肉を使ったサラミも売っていましたよ!

temp-49

夜になると、旧市庁舎もライトアップされ、イルミネーションが綺麗です!

temp-48

夜の旧市街も素敵ですー。

とてもロマンティックですね。

セントマーティンマーケット in ヘルシンキ

temp-47

昨日のブログはエストニアのマーティンマーケットでしたが、今日はヘルシンキで行われているマーティンマーケットをご紹介します。

temp-41

temp-49

双方共、マーティンズデー(11月11日)というキリスト教の記念日頃に開かれる手工芸見本市で、ヘルシンキで行われるマーティンマーケットは、エストニア各地からヘルシンキに来て出店しています。

temp-45

例年、エストニア、フィンランドは違う週末に行われるのですが、今年は同時開催。
さらにタンペレのKädentaitomessut(クラフト&デザイン市)も加わり、手芸好きは忙しい週末です。

temp-42

カラフルで可愛いミトンが山積みです!

temp-43

草木染めや自然素材で染めた刺繍糸。

手工芸品だけでなく、エストニアの食品も味見したり、購入することができます。

今日まで開催!

http://martinmarkkinat.fi/