Birgitta カフェ ビルギッタ

先日ご紹介した、ロユリュの近くにある、Birgitta Hernesaari (ビルギッタ・ヘルネサーリ)

海沿いに面し、夏のみオープンするカフェ・レストランです。

https://www.birgittahernesaari.com/

birgitta2

このカフェの建物には特徴があります。
建物外観は、木の耐久性を増す目的で表面を焼いた「焼杉」という日本の技法が使われています。

birgitta4

建物の中は可愛らしいインテリア。

birgitta 4

天気がいい日はたくさんの人で賑わいます。

birgitta5

ランチはサンドイッチ、ハンバーガー、サラダなどがあります。

この夏オープンしているのは9月23日まで。
冬季はプライベート利用のみです。

ロユリュの帰りに是非立ち寄ってみてくださいね!

広告

Uffe på Berget ウッフェ・ポー・ベルゲット

カステルホルムやボマルスンドに行く途中、道路上(トンネルの上)に見えるこのカフェ、Uffe på Bergetウッフェ・ポー・ベルゲット。

すぐ隣に展望台もあり、登ることができます。(有料)

temp-252

オーランド諸島のパンケーキや菓子パン、サンドイッチなど置いています。

temp-251

カフェの中からの眺め。

temp-248

カフェの外のテラス席からの眺め。

temp-249

トイレ休憩(水洗ではありません)で立ち寄り、カフェからの景色を楽しんでくださいね!

Iso Saari イソサーリ

ヘルシンキのマーケット広場からフェリーで約40分(片道)、スオメンリンナの南にあるイソサーリ。
スオメンリンナにすでに行かれたことのある方、少し静かにのんびりと過ごしたい方、歴史好きの方、こちらのイソサーリに行かれてみてはいかがでしょう。
島には戦争の時に使われていた軍事施設やカフェ、レストラン、ゴルフコース、海水浴場やサウナ施設があり、またテント持参で泊まる事も出来るそうです。

夏季はイソサーリとヘルシンキ間、6往復します。(月曜日はゴルフクルーズ客のみ)

時刻表・料金はこちらから。https://visitisosaari.fi/laivaliikenne/ (フィンランド語)

フェリーのチケットはこちらからオンライン購入できます。https://kauppa.visitisosaari.fi/index.php?lang=3&rn=87123883 (英語、月曜はゴルフクルーズ客のみ)

当日フェリー船上でチケットを購入する事も出来ますよ。

temp-243

プライベート用、船着き場もあります。

temp-238

船から降りるとすぐにウプサーリケルホ(軍人クラブという意味のカフェ)があり、テラス席がたくさん。

temp-235

カフェはサンドイッチなどの軽食やお昼時にはスープもありました。

temp-240

カフェ内には昔、島が栄えていた時の軍事施設や宿泊していた人々の白黒写真が飾られており、当時の様子を伺い知ることが出来ます。

上の写真は新しい頃の軍事施設。

temp-241

岩場もありますが、海水浴場もあり泳いでいる人やカヤックを楽しむ人もいました。

temp-237

しばらく歩くとリカマンサリというレストランがありましたが、残念ながらまだ朝早かったので閉まっていました。

インターネットによると2018年の営業は下記の通り。
6月9日〜21日 土日 11:00-17:00
6月22日〜8月12日 火〜日 11:00-17:00

https://visitisosaari.fi/rikaman-sali/ (フィンランド語)

temp-236

島を一周してみました。(約1時間弱)

古い軍事施設があったり(一部立ち入り禁止)、このように木や草が生い茂っていました。

temp-233

コンクリートで作られた軍事施設。まだ大砲も残っています。

temp-234

中も入ることが出来ます。(一部)

temp-239

軍事施設の跡とゴルフ場。

天気も良かったので10人くらいのグループがゴルフを楽しんでいました。

temp-244

ゴルフボールが歩道近くに落ちてしまったので、そこからショット!
とても盛り上がっていました(笑)

毎週月曜日はゴルフクルーズ(フェリー往復含)85€。
(フィンランドはキャディさんはいないそうです)
ゴルフはやらないので詳しくはわかりませんが、日本でプレイするよりは安いのではないでしょうか。

Backaksen Kartano

本日の会議はBackaksen Kartano(バッカクセン・カルタノ)

空港近くにある、今年200周年を迎える歴史のあるバッカクセン・カルタノ。

レスラン、カフェ、会議室、サウナ、ダンス場などがある複合施設です。

temp-208

首都圏ですがこんなのどかな風景です。しかも空港から車で約5分!

temp-201

こちらがレストランのある建物。

夏の結婚式シーズンは大変人気のあるレストランです。

temp-198

1階はレストラン、平日はバッフェランチを提供しています。

temp-199

素敵な景色を眺めながらお食事をお楽しみいただけます。

temp-200

平日バッフェランチはお一人様31ユーロ。

temp-197

2階の会議室前には木のこぶから作られたコップ、ククサがたくさん並んでいました。

temp-202

そしてレストラン近くにあるカフェ。

(テラス席工事中でしたが、近日中に出来上がるそうです)

temp-204

カフェは月・火が定休日。

temp-203

そしてレジ近くには近くの農家で取れた新鮮な野菜や手作りのものが置かれていました。

temp-205

2階には子供用スペースもありました。

temp-206

古い建物を改装してカフェスペースとして利用されています。(上の画像は2階)


まだ雪が溶けたばかりで木々に葉がありませんが、夏になると木々が繁り、多くの地元民がピクニックやウォーキング・サイクリングで訪れます。

空港に行く前に美味しいフィンランド料理とフィンランドの田舎の景色を見に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

Robert’s coffee Jugend

ヘルシンキの街中にある、オススメのカフェ、ロバーツコーヒー ユーゲンドです。

http://www.robertscoffee.com/cafe/roberts-coffee-jugend/

temp-92

ヘルシンキのインフォ隣にあり、インフォの中からも行くことができます。

temp-95

ロバーツコーヒーはフィンランドのコーヒーチェーン店。
日本でも福岡に2店舗出店しています。

http://robertscoffee.jp/

このJugend店は地名ではなく、Jugend=アール・ヌーヴォーのカフェの建物から名付けられました。

temp-91

オススメの最大の理由は、そのアール・ヌーヴォー。

柱や天井などのディテールがすごいのです。

temp-93

猫ちゃん(?)と奥の壁画が素晴らしいですね!

Wee Gee エスポー現代美術館

temp-6

先日開通したばかりのメトロに乗り、タピオラで下車10分ほどのところにある、エスポー現代美術館、Wee Gee。

とても広いエントランスにカラフルな家具が並んでいて、インテリアも現代的です。

http://www.emma.museum/en

元印刷工場であった建物を改装し現在は博物館となっています。

EMMA美術館、エスポー市博物館、おもちゃ博物館、時計博物館などが入っている総合博物館です。

temp-9

入り口すぐにカフェもあり、アルテックの家具でいっぱい。

temp-8

美術館を周り終わり昼に訪れると、ベビーカー連れのお母様たちの溜まり場になっていました。

temp-2

ミュージアムショップ。美術本を始め、芸術作品もあります。

temp-5

そして、文具や小物も。こんな変わった色鉛筆や、

temp-7

可愛らしいものがたくさんありました。

temp-4

2階ではBRYK & WIRKKALA展が開催中でした。

temp-3

Tapio Wirkkalaの美しいガラス製品、年輪を特徴とした木製品がたくさんあります。

temp-1

そして外にはFuturo Houseが。残念ながら冬季は冬眠中。

temp

他にも、時計・装飾品やおもちゃの博物館、エスポー市の博物館もあります。

素敵な作品ばかりでした!目の保養になります。

エストニアン・ハウス Eesti Esindus

タリンのメインストリート、Viru通りにあるお土産屋さん。

https://eestiesindus.ee/

temp-23

クリスマスの時期になると大きなヒンメリが出迎えてくれます。

temp-22

2階にはカフェがあり、いつも空いているので穴場です。

少し天井が低めなので、欧米人は圧迫感を感じるかも。日本人には全く問題ないです。

ここにも大きなヒンメリがあります。

temp-21

2階の部分はクルビ・ルームKlubiruumというカフェで、アンティークの家具や小物が使われています。

temp-20

クリスマスなのでグロギをいただきました。

冷たそうに見えますが、温かい飲み物ですよ。

北欧でクリスマスによく飲む飲み物です。アルコール入りかなしか選べます。

クリスマスにお越しの際はぜひご賞味ください!