Häme Medieval Festival ハメの中世のお祭り

今週末8月19日まで、ハメーンリンナにあるハメ城公園では中世のお祭りが開催されています。

https://www.keskiaikafestivaali.fi/en/etusivu

hame8

イベントの見どころは、中世時代に遊ばれていた遊び、食事の再現(上の画像は豚の丸焼き。解体中の画像は一番下をご参照ください。)そしてフィンランドの手工芸のお店など。
午後からはコンサートなどのイベントが開催されます。

hame4

イベント会場のすぐ隣には湖があり、フィンランド特有の森と湖の風景もお楽しみいただけます。

hame6

早速昨日行ってきましたので、その画像をお楽しみください。

hame9

いろいろな色の丸いものは太鼓です。
他にも、弓矢や木刀など昔遊んでいたであろうおもちゃが販売されています。

(後方の建物はハメ城)

hame7

 

hame11

そしていつもとてもきになる白樺などの木の皮で作られたかご。
販売しているおじさんに注目!白樺の皮製ベスト、白樺の皮製帽子をかぶっています。

hame3

こちらは手作りの木製カトラリー。
隣で職人がデモンストレーションしていました。

hame10

懐かしい!と感じたリンゴ飴。フィンランドにもあるんですね。

hame5

そして陶芸用の土を練っているお姉さん。

このイベントのスタッフはみなさん中世時代の洋服を身にまとっています。

hame2

そして豚の丸焼き解体中の画像。

ハメーンリンナまではヘルシンキから電車またはバスで片道約1時間。
今週末、日帰りで行ってみてはいかがでしょうか?

広告

Pyhän Ristin kirkko ハットゥラ聖十字架教会

ハメーンリンナ近郊に、1300年代に建てられた歴史のある教会、ハットゥラ聖十字架教会があります。

hauholankirkko4

訪れた時に案内してくださった教会の人が言っていましたが、中のフレスコは建てられた当時、昔のままの状態だそうです。

hauholankirkko2

講壇も木彫です。掘った後に綺麗に色付けされているのが特徴です。

hauholankirkko3

1550年ごろに作られたこの説教壇はフィンランドで一番古いものだそうです。

hauholankirkko4

そしてイエスキリストや、他マリア像などもありましたが、全て木彫。
木彫りの像は全部で約40体あるそうです。

hauholankirkko5

そしてお墓の前はハメーンリンナとタンペレに続く湖があります。

教会は毎夏一般公開しています。(入場無料)詳細はこちらから。
https://www.hattulanseurakunta.fi/kirkot-ja-tilat/kirkot/pyhan-ristin-kirkko/the-holy-cross-church (英語)

夏季はハメーンリンナから船に乗りタンペレまで行くことができます。
その途中、ハメ城やこのハットゥラ聖十字架教会をみることができるので、天気がいい日に出かけてみてはいかがでしょうか。

船会社のHP
https://www.hopealinjat.fi/en/ (英語)


 

当社ではヘルシンキからハメーンリンナに行く日本語ドライバーを手配できます。
リンク先のハメーンリンナのコースをご参照ください。https://finngate.fi/ja/quotation/

是非ご利用ください!

Hämeen linna ハメ城

スウェーデン統治時代の1200年代後半に建てられた、湖畔に佇むハメ城。
フィンランドの三大古城の一つとして知られています。
現在では博物館になっており、近くに砲兵博物館、牢獄博物館もあります。
3箇所全部回ると時間がかかるので、お城だけでも入場されることをお勧めします。
夏季は大体1時間に1回ガイド付きツアーがあり、入場料に含まれています。
(大半がフィンランド語と英語)

ハメ城の入場料 10€(大人)
3箇所を回れるチケット 17€(大人)
*2018年現在

https://www.kansallismuseo.fi/en/haemeenlinna/frontpage (英語)
開館時間などご確認ください。

hameenlinna1

1972年までは監獄として利用されていたそうです。

周りは公園もあり、夏はピクニックを楽しむ家族連れが多く訪れます。

hameenlinna2

毎年8月中旬に中世時代を再現した大きなイベントがあります。
イベントには中世時代の洋服を身にまとった人たちが手工芸品やお土産品などを売っていたり、中世時代の剣の舞やコンサートなどのイベントも催されます。

イベントのHP(英語)
https://www.keskiaikafestivaali.fi/en/etusivu

去年の様子はこちらから。
https://finngate.wordpress.com/2017/08/20/blog-hame-medieval-festival/

ヘルシンキからハメーンリンナは片道1時間強なので、日帰りで行くこともできますよ!


 

当社ではヘルシンキからハメーンリンナに行く日本語ドライバーを手配できます。
リンク先のハメーンリンナのコースをご参照ください。https://finngate.fi/ja/quotation/

是非ご利用ください!

Aulanko アウランコ自然公園

フィンランドの代名詞、森と湖を満喫できるアウランコ自然公園。

torni

この石造りの展望台に上ると360度森と湖を望むことができます。
(通常5月から9月 8:00-19:00 無料)
展望台の高さ自体は33mですが(階段のみ。エレベーターはありません)
一番高いところで海抜150mあるそうです。

https://julkaisut.metsa.fi/assets/pdf/lp/Esitteet/aulankoeng.pdf

aulanko2

展望台からの景色。
遠くの方に湖畔に泳いでいる人たちがいて、私たちに手を振ってくれました。
ハメーンリンナの町も見えますが、ほとんど森と湖の光景が広がります。

展望台まではハメーンリンナの駅から車で10分。
アウランコまではタクシーに乗って行き、観光中は運転手さんに少し待っていてもらうのがいいですね。

公共交通機関はバス2番でハメーンリンナの町からアウランコのスカンディックホテルまで行きます。(片道大人3.40€、子供1.70€, 2018現在)
ホテルから展望台まで徒歩で約25分かかります。
https://reittiopas.hameenlinna.fi/ (ハメーンリンナバス検索)
http://www.hameenlinna.fi/pages/187771014/Aikataulut_kesa2018%20(003).pdf (2018年夏の時刻表)
*バスは本数が少ないのでご注意ください。


 

当社ではヘルシンキからハメーンリンナに行く日本語ドライバーを手配できます。
リンク先のハメーンリンナのコースをご参照ください。https://finngate.fi/ja/quotation/

是非ご利用ください!

ハメーンリンナ中世のお祭り Häme Medieval Festival

今週末(16日から20日)はハメーンリンナで中世時代祭がありました。(2017年入場料:大人2€)

http://www.keskiaikamarkkinat.fi/en/

ハメ城の公園で行われていて、先日のヴァンター市のイベントよりも大きかったですよ!

白樺の皮で作ったフィンランドの手工芸品や・・・

カラフルな毛糸たち。

自然のものから染色しているそうです。(白樺の葉、野草など)

毛糸の染色のデモンストレーションも行われていました。

(右端のドラム缶には糸があり、グツグツ煮て染色中)

フィンランドの民族衣装のベルトとして使われている、帯(Lautanauha=Tablet waving)を作っています。

中世時代らしく、豚の丸焼き・・・。

会場には手工芸品だけでなく、デモンストレーションやショー、そして食べるところもありますので、一日中過ごすことができますよ!

こちらはLoimulohiといい、塩を振って味付けしたサーモンを火で炙っただけですが、余計な脂分が落ちるのでとても美味しくヘルシーなフィンランド料理です。

つまみ食いも楽しい、中世時代祭りでした!