Finnish Craft & Design Fair タンペレ手工芸フェア

タンペレの手工芸フェアです。
ヨーロッパ最大の規模だそうです!
フィンランド人だけでなく、北欧ノルウェー 、スウェーデンなどから、このフェアに参加するためにたくさんの方が訪れるそうです。

毛糸屋さんを多く見かけました。
色々な色の毛糸、草木染めの毛糸など・・・たくさん!

せっかくフィンランドにいるので、フィンランドの羊の糸はいかがでしょうか。

編み物だけでなく、白樺細工、陶芸、ビーズ、刺繍など、たくさんのブースがあります。

ガラスビーズを使ったヒンメリ。
たくさんあって綺麗でした。

今年、ユザワヤさんでNovitaが日本でも販売されるようになりましたが、フィンランドでも大人気です!
レジの列が物凄いことになっていました!

ここは材料をリサイクルして作られたものを売っているブース。
環境保護は今年のフェアのテーマでもあります。

木で作られた棒針ホルダー。
5本針で編んでいたら欲しかった!(最近は輪針ばかりなので・・・)
このお店には”Knitting is not a crime”(編むことは犯罪でない)
というバッグとか、他にも木製やマトリョーシカ(プラスチック)の棒針ゲージなど、面白い商品が色々ありました。

オンランショップはこちら ↓
http://kauppa.succaplokki.fi/ (フィンランド語)

ワークショップも行われていましたが、会場は広すぎて1日で回りきれないほどだったので、参加できませんでした(泣)

来年も企画します!

St.Martin’s Market セントマーティンズマーケット

今年のセント・マーティンズ・マーケットの様子。
最終日、日曜日に行きました。
この日曜日は、フィンランドやエストニアでも「父の日」だったせいか、午前中は比較的空いていました。

トークショー、ファッションショー、民族音楽などステージで行われます。

今年は世界最大のヒンメリ、ギネス登録に挑戦していました。

陶芸、刺繍、編み物、木製品、フェルトなどの作品から手芸材料、手芸本。
手芸だけでなくエストニアの食品も販売されています。

見ているだけでとても楽しいですよ!

ワークショップも参加することができます。
この鳥さんの刺繍のワークショップや、

リフレクター作り、アクセサリーを作るワークショップもありました。

毎年11月に行われるセント・マーティンズ・マーケット。
詳細はエストニア手工芸組合のページで発表されますので、時々チェックしてみてくださいね!

https://folkart.ee/

過去のセントマーティンマーケットのブログはこちらから ↓
2018年 https://finngate.wordpress.com/2018/11/09/st-martins-fair/
2017年 https://finngate.wordpress.com/2017/11/18/st-martins-market/
2016年 https://finngate.wordpress.com/2016/11/15/st-martins-day-fair-in-tallinn/