Mon Repos モンレポス レストラン

タリンの隠れ家的レストラン、モンレポス。
http://www.monrepos.ee/english

先日ご紹介したカドリオルグ宮殿の近くにあるレストランです。
建物は別荘として1870年代に建てられたそうですが、レストランは1921年から営業しているタリンの老舗レストランです。

夏季は庭にテラス席が用意されており、すぐ隣はカドリオルグ公園。
環境はバッチリ!
ランチタイムはテラス席が満席でした。

サイクリングやウォーキング帰りの人が多く訪れていました。
一応ファインダイニングレストランですが、みなさんカジュアルな格好でしたよ!

ランチは牛ほほ肉のワインソース添えをいただきました。
お肉は長時間煮込んでいるせいか、ナイフで切る必要がないほどホロホロしており、ワインソースが上手く絡んで絶妙な美味しさ!

そして焼きたてのパンも超おいしかったです!パンをテイクアウトして帰りたいほどでした。(料理にもれなく付いてくるので、テイクアウトできるかどうかわかりませんが・・・。)

カドリオルグ公園の近くにはかわいいカフェもありました。

キャサリネンタルカフェ。
http://katharinenthal.ee/en/katharinenthal/
カフェは木造の歴史のある建物で、こちらも老舗カフェ。
5月から10月までの夏季のみ営業しています。

スウィーツが豊富で、どれもとても美味しそうでした!
残念ながらランチの後だったので、ケーキは食べずコーヒーのみにしてしまいましたが。

タリンのストックマンにもこのカフェのケーキが並んでいるそうなので、美味しいこと間違いなし!
次、食べてみよう♡

Kochi Aidad コチ・アイダッド

昔、タリン港の倉庫として利用されていた建物を改装し、2012年からビール醸造所、レストラン、カフェやショップなど利用されています。

コチ・アイダッドはレストランの隣にビール醸造所があり、そのビールを楽しむことができます。

http://www.kochiaidad.ee/?go=index

石造りの壁と丸太をふんだんに使い、昔の面影を残しながら綺麗にリフォームされています。

場所はタリンクのDターミナル近く。
朝到着したので、朝食を頂きました。
土日は朝食ビュッフェがあります。

2階部分もあります。
また、夜はバンド演奏があり、特に週末はたくさんの人で賑わいます。

料金は旧市街の内のレストランと比べると安価です。
ビールも1杯(500ml)3.80€と安め。
(フィンランドだと7€くらいから)

タリンクの港Dターミナル近くなので、出発前または到着後に利用されてみてはいかがでしょうか。

Birgitta カフェ ビルギッタ

先日ご紹介した、ロユリュの近くにある、Birgitta Hernesaari (ビルギッタ・ヘルネサーリ)

海沿いに面し、夏のみオープンするカフェ・レストランです。

https://www.birgittahernesaari.com/

birgitta2

このカフェの建物には特徴があります。
建物外観は、木の耐久性を増す目的で表面を焼いた「焼杉」という日本の技法が使われています。

birgitta4

建物の中は可愛らしいインテリア。

birgitta 4

天気がいい日はたくさんの人で賑わいます。

birgitta5

ランチはサンドイッチ、ハンバーガー、サラダなどがあります。

この夏オープンしているのは9月23日まで。
冬季はプライベート利用のみです。

ロユリュの帰りに是非立ち寄ってみてくださいね!

Eerikkilä エーリッキラ

フォルッサの近くにある、宿泊施設エーリッキラ。ヘルシンキから1時間とちょっと。
フィンランドの森と自然はもちろん、カヌーやハイキングなどのアウトドアもお楽しみいただけます。
湖畔に佇むスポーツ設備が整った施設です。

eerikkila12

陸上、サッカーなどの屋外競技から、球技などができる屋内の体育館、プールまで設備が整っており、オリンピックなどの強化練習が行われる場所でもあります。

eerikkila1

施設内にはホテル、学生用のホステルタイプの宿泊施設から、去年から今年にかけて建てられた、ラグジュアリータイプのコテージ、メゾネットタイプのホテルがあります。

eerikkila11

こちらはコテージ。大きなコテージは12名まで、小さめのコテージは9名まで宿泊できます。

eerikkila5

広々とした、リビング。暖炉もコテージ内と外に二箇所ありました。

eerikkila4

階段を上がるとベッドやくつろぐスペースがあり、こちらからの景色も素敵です。

eerikkila9

キッチンは、オーブン、電子レンジなど揃っており、食材を持ち込み調理することができます。

洗濯機、乾燥機もあり、そしてもちろんシャワーとサウナも。
長期滞在にも適しています。

eerikkila10

そしてアパートメントタイプの宿泊施設もあります。
(2から3階はメゾネットタイプ)

eerikkila13

施設内にある、サウナ。サウナのあと湖にドボンと行くこともできます。

eerikkila8

一度に300名収容できるレストラン。ビュッフェラインも4つあります。
レストラン自体はもともとある建物ですが、去年改装工事が終了しとても綺麗です。

eerikkila7

レストラン1階部分はカフェになっており、同じフロアに劇場や10人くらい入れそうな大きなサウナもあります。

エーリッキラのHPはこちらから;
https://www.eerikkila.fi


 

当社ではエーリッキラの送迎、宿泊の手配を致しております。

info@finngate.fi までお気軽にお問い合わせくださいませ。

Löyly ロユリュ

2018年アメリカのタイム誌の世界の名所100に選ばれた、ヘルシンキのロユリュ。

ロユリュはレストランなどもある、サウナ複合施設です。
海岸沿いにあるので景色もとても綺麗!

地図はこちらから;
https://goo.gl/maps/ndq6pKNcERz

ヘルシンキの中心部から少し距離が離れているのでバスがお勧めです。

行き方の例;
Kamppiからバス14、18番
Hakaniemiからバス17番
https://www.reittiopas.fi/

loyly5

2年前にオープンしたばかり。上の画像は今年の写真です。
少し木の艶がなくなって来ていますね。
(おそらく今年または来年、オイルを塗ると思います。大変な作業!)

loyly2

夏はこのようにテラス席が満席になります。

loyly3

中にもレストラン・バーがあり、こちらもほぼ満席でした。

loyly4

サウナは共同サウナ、貸切サウナ、スモークサウナがあり、サウナの後、海にドボンと入る人たちも。

loyly6

木をふんだんに使った建物が特徴的です。

ロユリュのホームページはこちらから。
http://www.loylyhelsinki.fi/en/front-page/

サウナは人気があるので、事前に予約しましょう。(HPから予約可。)

Iittala イッタラ(村)

ヘルシンキから車、または電車で約1時間強のところにある、イッタラ村。

夏季は残念ながらイッタラのガラス工場は休みで閉まっていますが(6月下旬から8月下旬まで)、それ以外の時期でしたら工場見学もできますよ!
http://www.iittalalasimaki.fi/en/visit-lasimaki/the-iittala-glass-factory

イッタラの駅から200mほどのところにイッタラアウトレット、ガラス博物館、その他おみやげ屋さんや手工芸品などのショップがあります。

地図はこちら
https://goo.gl/maps/Vx7cusGsjaB2

iittalaoutlet

イッタラアウトレット。こちらのアウトレットは結構広いです。

イッタラ、アラビア、ロールストランド、フィスカルスなどの商品が勢ぞろい。

iittalakahvila

イッタラアウトレットの隣にあるカフェ・レストラン。

iittalalasimuseo2

ガラス博物館(2階)

ガラス博物館のHP
http://www.iittalalasimaki.fi/en/visit-lasimaki/the-iittala-glass-museum

iittalalasimuseo1

ガラス博物館(1階)

他にも洋服や、Finlaysonのポップアップショップ、手作りチョコ、はちみつ、陶芸、鉄製品などを売るショップが周りにあり、ショッピングを十分にお楽しみいただけますよ!


当社ではヘルシンキからハメーンリンナに行く日本語ドライバーを手配できます。
是非お問い合わせください!

Ravintola Elite レストラン・エリテ

アキ・カウリスマキの映画のロケスポットとして知られている、レストラン・エリテ。

http://www.elite.fi/

1932年開業後、芸術家、俳優などたくさんの著名人に愛され続けているレストランです。
私が訪れた時も、政治家、女優、ニュースキャスターが食事を楽しんでいました。

場所はヘルシンキのトーロ地区。
フィンランド国立博物館、フィンランディアホールや、スカンディック・パークホテル、クラウンプラザホテルから西側に歩いたところにあります。

https://goo.gl/maps/7of7wdixtN72

temp-281

Eliteはフィンランド語ではエリテと発音します。
夏季はレストラン前のテラス席もオープン。清々しい季節の今は外での食事がお勧めです。

temp-280

レストラン内はレトロ感たっぷり。
家具や照明など、開店当時そのままかのように、昔のものを長く大切に使っています。
レストラン内には有名なフィンランド人俳優(Tauno Palo, Matti Pellonpää)の特等席に記念プレートが残されています。

temp-278

エビのリゾットをいただきました。

フィンランドのレストランではパスタもリゾットもアルデンテのものは少なく、完全体のものがほとんどですが、ここのリゾットは絶妙なアルデンテ、そしてプリプリのえびの食感に感動です!!(だいたいエビも火を入れすぎて水分が抜け硬くなってしまった残念なのものが多いので・・・)

夕食はシェフのオススメ3コースのメニューもあります。

料理だけでなくサービスもとてもよく、オススメレストランです!

Småkbyn スマークビューン

カステルホルムやヤンカールスガーデンから徒歩圏内にあるレストラン、Småkbynスマークビューン。

フィンランドのTVに度々出演する有名なシェフの経営するレストランです。

http://smakbyn.ax/en/

レストランと同じ敷地内に蒸留所があり、フルーツ系のリキュールが作られていて、フィンランドのALKO(酒屋)またはレストラン横のお土産を販売する売店で、このリキュールを入手することができます。

temp-267

行った時は午後2時だというのにほぼ満席でした。
とても人気のあるレストランです。

temp-268

インテリアもとても素敵です。

特に、レストランの大きな照明が印象的でした。

temp-265

平日はランチメニューもあるようですが、土曜日に来たのでアラカルトメニューのスモークサーモンを注文。マッシュポテト、パン付き。パンは焼きたて。どれも美味しかったです。

リキュールの他にこのレストランで作られたクッキーなどの菓子類、ブレンドした香辛料など販売されており、蒸留所の奥の方には地元の陶芸家の作品の販売展示会も行われていました。
飲むとハートの形になるコーヒーマグはレストランでも使われており、人気のお土産だそうですよ!

Iso Saari イソサーリ

ヘルシンキのマーケット広場からフェリーで約40分(片道)、スオメンリンナの南にあるイソサーリ。
スオメンリンナにすでに行かれたことのある方、少し静かにのんびりと過ごしたい方、歴史好きの方、こちらのイソサーリに行かれてみてはいかがでしょう。
島には戦争の時に使われていた軍事施設やカフェ、レストラン、ゴルフコース、海水浴場やサウナ施設があり、またテント持参で泊まる事も出来るそうです。

夏季はイソサーリとヘルシンキ間、6往復します。(月曜日はゴルフクルーズ客のみ)

時刻表・料金はこちらから。https://visitisosaari.fi/laivaliikenne/ (フィンランド語)

フェリーのチケットはこちらからオンライン購入できます。https://kauppa.visitisosaari.fi/index.php?lang=3&rn=87123883 (英語、月曜はゴルフクルーズ客のみ)

当日フェリー船上でチケットを購入する事も出来ますよ。

temp-243

プライベート用、船着き場もあります。

temp-238

船から降りるとすぐにウプサーリケルホ(軍人クラブという意味のカフェ)があり、テラス席がたくさん。

temp-235

カフェはサンドイッチなどの軽食やお昼時にはスープもありました。

temp-240

カフェ内には昔、島が栄えていた時の軍事施設や宿泊していた人々の白黒写真が飾られており、当時の様子を伺い知ることが出来ます。

上の写真は新しい頃の軍事施設。

temp-241

岩場もありますが、海水浴場もあり泳いでいる人やカヤックを楽しむ人もいました。

temp-237

しばらく歩くとリカマンサリというレストランがありましたが、残念ながらまだ朝早かったので閉まっていました。

インターネットによると2018年の営業は下記の通り。
6月9日〜21日 土日 11:00-17:00
6月22日〜8月12日 火〜日 11:00-17:00

https://visitisosaari.fi/rikaman-sali/ (フィンランド語)

temp-236

島を一周してみました。(約1時間弱)

古い軍事施設があったり(一部立ち入り禁止)、このように木や草が生い茂っていました。

temp-233

コンクリートで作られた軍事施設。まだ大砲も残っています。

temp-234

中も入ることが出来ます。(一部)

temp-239

軍事施設の跡とゴルフ場。

天気も良かったので10人くらいのグループがゴルフを楽しんでいました。

temp-244

ゴルフボールが歩道近くに落ちてしまったので、そこからショット!
とても盛り上がっていました(笑)

毎週月曜日はゴルフクルーズ(フェリー往復含)85€。
(フィンランドはキャディさんはいないそうです)
ゴルフはやらないので詳しくはわかりませんが、日本でプレイするよりは安いのではないでしょうか。

Backaksen Kartano

本日の会議はBackaksen Kartano(バッカクセン・カルタノ)

空港近くにある、今年200周年を迎える歴史のあるバッカクセン・カルタノ。

レスラン、カフェ、会議室、サウナ、ダンス場などがある複合施設です。

temp-208

首都圏ですがこんなのどかな風景です。しかも空港から車で約5分!

temp-201

こちらがレストランのある建物。

夏の結婚式シーズンは大変人気のあるレストランです。

temp-198

1階はレストラン、平日はバッフェランチを提供しています。

temp-199

素敵な景色を眺めながらお食事をお楽しみいただけます。

temp-200

平日バッフェランチはお一人様31ユーロ。

temp-197

2階の会議室前には木のこぶから作られたコップ、ククサがたくさん並んでいました。

temp-202

そしてレストラン近くにあるカフェ。

(テラス席工事中でしたが、近日中に出来上がるそうです)

temp-204

カフェは月・火が定休日。

temp-203

そしてレジ近くには近くの農家で取れた新鮮な野菜や手作りのものが置かれていました。

temp-205

2階には子供用スペースもありました。

temp-206

古い建物を改装してカフェスペースとして利用されています。(上の画像は2階)


まだ雪が溶けたばかりで木々に葉がありませんが、夏になると木々が繁り、多くの地元民がピクニックやウォーキング・サイクリングで訪れます。

空港に行く前に美味しいフィンランド料理とフィンランドの田舎の景色を見に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?