セウラサーリ島 Seurasaari

ヘルシンキ西部に位置する、セウラサーリ島。
島全体が屋外博物館になっており、古い建物がフィンランド全土より集められ、この島に移築されました。

行き方:
ヘルシンキからバス24番に乗り、終点下車

バス停の近くに橋があり、この橋を渡ると、セウラサーリ島です。

博物館は夏季のみオープン(6月中旬から9月中旬)
入場料は大人10€、子供4€です。(2020年現在)
https://www.kansallismuseo.fi/en/seurasaarenulkomuseo

チケットは橋を渡り、橋の近くにあるこのキオスクで購入できます。

建物の中に入らなければ入場料は不要で、近所の人がジョギングや散歩に来ているのをよく見かけます。

秋から冬にかけては博物館が閉まっているため建物の中に入ることができませんが、外からの見学はできます。

毎年、ユハンヌス(夏至祭)にはイベントが行われ、コッコと呼ばれる大きな焚き火をすることで有名です。

古い木造の建物が島のあちこちに展示されています。

フィンランドの手工芸、ヒンメリが飾られていてとても可愛いです。

建物の中は昔の生活の様子が再現されており、白樺の皮で作ったカバンや、表裏が同じ模様で刺繍されたカレリア刺繍などが飾られていました。

こちらはセウラサーリ島にある教会。
結婚式で人気のある教会です。
自然に囲まれた古い教会でのウエディング、タイムスリップしたようですね。

島内にあるカフェ、Antin Kaffeliiteri (アンティン・カフェリーテリ)
天気の良い日はテラス席が気持ちよさそう!
夏季のみ営業しています。

https://www.kansallismuseo.fi/en/seurasaarenulkomuseo/ravintola-ja-kahvila

こちらはレストラン、クルーヌ。
ランチは日替わりで、私の行った時はミートボールなどがありました。
サンドイッチやシナモンロールなどの軽食もありますので、休憩がてら立ち寄ってみるのも良いですね。

https://seurasaarenkruunu.fi/en/

セウラサーリ島をぐるっと回ると半日はかかります。
自然に囲まれた島ですので、7月下旬から8月にかけてブルーベリーやラズベリー、キノコ狩りもできます。
島内を歩いていると鳥や動物にも遭遇することができますよ!

自然を満喫できる、おすすめスポットです。
是非訪れてみてくださいね!