Jari-Pekka Joroinen かぎ針のトラクター

たまたま立ち寄ったヴァルカウスのサービスエリアにあった展示がすごかったのでご紹介します。

ヴァルカウスは大きな製紙工場が街のど真ん中にあり、製紙や林業で栄えてきた町です。町を通り過ぎる道はいつも、おがくずの匂いがしています。

ヴァルカウスの中心にはかぎ針でカラフルに飾られたフェンスがありました。(残念ながら運転中のため画像に収めることができず)
きっと、編み物が好きな方がたくさんいらっしゃるんですね!

ヴァルカウス空港近くにある、Jari-Pekka Joroinen(ヤリペッカ・ヨロイネン)というサービスエリア。

地図はこちら https://goo.gl/maps/bdaahHqzip9XkPCt6

INFOと書かれている黄色い小屋の中とその周りはかぎ針の作品だらけ!
椅子にケーキ、ベンチ、そり、テレビの枠、そしてゼラニウム(赤い花)までもがかぎ針で編まれていましたー!

何と言っても、一番すごかったのはこのトラクター!
至る所、かぎ針の作品で埋め尽くされています。
ちょっと気になったのでググったところ、2016年の記事を見つけました。

https://www.iltalehti.fi/uutiset/a/2016040921387751 
(フィンランド語、動画あり)

このエリアに住む約70名のニッターたちが、11月から3月の約4ヶ月間でトラクターを編み上げたそうです。
すごいチームワークですね!

トラクターは1950年代に製造された古いものだそうですが、廃棄処分されずにこのように今でも皆さんに愛され続けています。
このトラクターが有名になり、他の色々な機械(ヘリコプターも!)の提案があったそうですよ。
次は何か楽しみですね!

広告

St.Martin’s Fair セントマーティンズフェア

今年も行ってきました、マーティンズフェア

今年は出展数が増えているような気がしました。

martinmarket2

エストニアの手工芸の作品や手芸用品など、可愛いバルト三国の雑貨がたくさん!

イベントも同時に行われており、民族衣装、民族舞踊や音楽なども楽しめます。

martinmarket6

ワークショップも体験でき、安価で参加することができます。

martinmarket7

温かみのある、ウール刺繍

martinmarket4

細かい目のクロスステッチ

martinmarket8

色々な模様のカラフルな毛糸の靴下

martinmarket1

ウールの絨毯

martinmarket3

こちらは手作りのクリスマスアドベントカレンダー。可愛いですね!

その他、木工品や、ヒンメリ、陶芸品などたくさんあります。

ワークショップ参加すると1日中楽しめますよ!タリンのマーティンズフェアは明日まで!

ヘルシンキでもこのマーティンズフェアが毎年行われています。
今年は11月24日と25日、Kaapelitehdasにて。
タリンに比べると規模は小さく、ワークショップなどはございませんが、ぜひ訪れてみてくださいね!

https://www.martinmarkkinat.fi/

Ruotsinpyhtää ルオツィンピュフター

Ruotsinpyhtaa 2

雲や建物が川に反射して美しい、ルオツィンピュフター。
ヘルシンキから車で約1時間強、ロヴィーサとコトカの間にある小さな町です。

Ruotsinpyhtaa 3

夏はフィンランド人の観光地として人気があり、古くて可愛い建物にレストラン、カフェ、お土産やさんなどが立ち並んでいます。

Ruotsinpyhtaa 4

こちらは展覧会。こちらも古い倉庫のような建物を利用して使われています。

博物館なども近くにありましたが、入場無料でした。

Ruotsinpyhtaa 6

ここはベッド&ブレックファースト。
昔、お金持ちの邸宅だった家を改装し、1階はレストランとして利用されています。

川では、SUP(サーフボードの上に立ち、オールで漕ぐスポーツ)やカヤックもレンタルしていました!

小さな町ですが、たくさんの人で賑わっていましたよ!


 

当社ではヘルシンキからルオツィンピュフターに行く日本語ドライバーを手配できます。
リンク先のポルヴォーとロヴィーサ周辺8時間のコースに組み込むことが可能です。

https://finngate.fi/ja/quotation/

是非ご利用ください!

エストニアン・ハウス Eesti Esindus

タリンのメインストリート、Viru通りにあるお土産屋さん。

https://eestiesindus.ee/

temp-23

クリスマスの時期になると大きなヒンメリが出迎えてくれます。

temp-22

2階にはカフェがあり、いつも空いているので穴場です。

少し天井が低めなので、欧米人は圧迫感を感じるかも。日本人には全く問題ないです。

ここにも大きなヒンメリがあります。

temp-21

2階の部分はクルビ・ルームKlubiruumというカフェで、アンティークの家具や小物が使われています。

temp-20

クリスマスなのでグロギをいただきました。

冷たそうに見えますが、温かい飲み物ですよ。

北欧でクリスマスによく飲む飲み物です。アルコール入りかなしか選べます。

クリスマスにお越しの際はぜひご賞味ください!

ヒンメリ Himmeli part 2

去年のブログでご紹介しました、ヒンメリを再び作りました。

temp-31

今回はエストニアのマーティンマーケットで買った材料で作成。

一番上の画像の星の形の物を作りました。対象はヒンメリ中級者くらいかな。

temp-28

エストニアで購入したキットは、葦(あし)の茎を使ったもので、すでに長さは作るものに合わせて切断されたものが入っています。

葦は水辺で育つので、ライ麦よりも頑丈でしかも太め。とても作りやすいです。

スライドショーには JavaScript が必要です。

スライドにしてみました。

まず、短めの葦で三角形を9つ作り、端と端を結んで輪を作り三角計10個にします。
(この時点で吊るした方がやりやすいですよ)

上と下の五角形のそれぞれの角から5本の葦をつけて山を作ります。

そして、長めの葦に切り替え、三角のそれぞれの角からから葦をつけて三角の山を作ります。

言葉で表現するのは難しいので、現在このキットを販売していたエストニアの企業に図解付きの日本語訳をお勧めしています。翻訳は私がしますと立候補しておきました。
やる気満々です!(笑)

http://www.himmeli.net/

 

セントマーティンマーケット in ヘルシンキ

temp-47

昨日のブログはエストニアのマーティンマーケットでしたが、今日はヘルシンキで行われているマーティンマーケットをご紹介します。

temp-41

temp-49

双方共、マーティンズデー(11月11日)というキリスト教の記念日頃に開かれる手工芸見本市で、ヘルシンキで行われるマーティンマーケットは、エストニア各地からヘルシンキに来て出店しています。

temp-45

例年、エストニア、フィンランドは違う週末に行われるのですが、今年は同時開催。
さらにタンペレのKädentaitomessut(クラフト&デザイン市)も加わり、手芸好きは忙しい週末です。

temp-42

カラフルで可愛いミトンが山積みです!

temp-43

草木染めや自然素材で染めた刺繍糸。

手工芸品だけでなく、エストニアの食品も味見したり、購入することができます。

今日まで開催!

http://martinmarkkinat.fi/

 

セントマーティンマーケット in タリン

temp-53

去年のブログでもご紹介しましたが、今年もエストニア最大の手芸見本市、マーティンマーケットに行ってきました!

可愛いワンちゃんが飼い主を待っています(笑)

temp-71

イベントに携わる人は民族衣装を着ていました。

temp-66

temp-62

temp-61

美しいエストニア刺繍。

temp-59

temp-70

temp-69

temp-60

ステージでは民族舞踊、音楽、ファッションショー(これはおそらく自分が刺繍したコートをお披露目していると思われます)など、様々な催しが行われていました。

temp-67

temp-64

temp-65

もちろん編み物もたくさん販売されています。

temp-68

ヒンメリの本、ヒンメリキットもありますよ。

temp-63

会場ではワークショップも随時開催されていて、安価で参加することができます。

手芸好きには1日では足りない、大イベントですよ〜!