2018年版 ヘルシンキ空港の税還元手続き

日本に帰国する際、税還元の手続きをお忘れなく!

タックスフリー加盟店で、1店舗につき1日40€以上のお買い物で税還元手続きの書類を発行してもらいます。

”タックスフリー、プリーズ”
と伝えると、手続きをしてくれます。お店でパスポートの提示も必要なので、お忘れなく。

ヘルシンキーヴァンター空港から日本に帰る場合、下記の場所で還元手続きをします。

Premier E Taxfree

http://www.e-taxfree.com/
イッタラ、アラビアなどでお買い物した場合はこちらのカウンターにて手続きをします。
お店からもらった税還元手続きの書類(レシート)、商品、搭乗券(書類またはスマホ)、パスポートを提示します。

(セキュリティーチェック前)2階ターミナル2の出発入口すぐそばのカウンターです。

etaxfree

2階の出発ロビーにPermier E Tax Freeのカウンターがあります。
1階に続くエスカレーターすぐ隣です。

これは12時に撮ったもので(逆光で見にくくてすみません)列もなくガラガラですが、14時から16時くらいまで混みあいます。
(下記のGlobal Blueはもっと混みます!)

ex-etaxfree

ちなみに春まではカフェの隣のこの位置(上の画像)にありましたが、現在はATMになっているのでご注意ください。

他、E Tax Freeはノンシェンゲンエリア(出国審査後)ゲート34の近くにもカウンターがあります。(15:00-23:00まで)

Global Blue

www.globalblue.com
マリメッコなどでお買い物の場合はこちらのカウンターにて手続きをします。
お店からもらった税還元手続きの書類(レシート)、商品、搭乗券(書類またはスマホ)、パスポートを提示します。

(セキュリティーチェック前)1階ターミナル2のスターバックス近く(到着出口2Bそば)

2019年現在、2階の出発ロビーに移動しています。

他、Global Blueのカウンターはノンシェンゲンエリア(出国審査後)のゲート32の近くにもあります。(13:00-22:30まで)

https://www.finavia.fi/en/airports/helsinki-airport/services/tax-free-refunds-and-refund-box-global-blue-gate-34

  • イッタラ(E Taxfree)、マリメッコ(Global Blue)は還元場所が違います。
    別々のカウンターでそれぞれ手続きをしなければなりませんのでご注意ください。
  • 日本出発時間は他のアジア便も同時刻に出発しますので、2時から4時くらいまでは大変混雑します。時間に余裕を持って空港まで移動されることをお勧めします。
  • 機械でもできます。英語に自信のある方はそちらへ。列が少ないです。

この情報は2018年7月現在のものです。
予告なく変わる場合もございますので、予めご了承下さいませ。

広告

Scandic Helsinki Airport

img_1578

新しくオープンした、スカンディック・ヘルシンキ・エアポートのオープニングセレモニーに行ってきました。

第2ターミナルすぐそばにあり、とても便利です。

建物はホテルだけでなく、フィンランド航空、警察などのオフィスビルとしても利用されています。

 

img_1580

レセプションのある3階には、バー、レストラン、会議室などもあります。

吹き抜けのスペースで天井はガラス張り!晴れていたので、日差しが眩しかったです。

img_1581

3階から7階まで客室です。

img_1587

3階のスペースはとてもユニークで、こんな椅子があったり…

img_1588

ゆらゆら揺れるブランコのような椅子も。

img_1586

レセプションの手前には小さな窓のないスペースが3つあり、
サウナ、森、小部屋とそれぞれの名前をテーマにインテリアがデザインされています。
上の画像はもちろんサウナがテーマの部屋。(注:サウナではありません)

img_1589

会議室。

会議室は合計6室ですが、壁を移動することができるので、最大36名まで収容可能です。

img_1585

プロジェクターは下から投影するタイプのものを使っています。

プロジェクターの前に人が通るときに影にならなくていいですね!

img_1584

フィンランドに会議を目的に来るビジネスマンにとって、空港で会議をすると移動の時間が省け便利だそうで、会議室の利用は上昇傾向にあるそうです。

img_1582

部屋は全部で150室。

スペリアールームの一部、20室にはバスタブがあります。

img_1583

ファミリールームは合計38室。
ダブルベッド+2段ベットがあり、家族4名まで泊まることができます。

このタイプの部屋、ヘルシンキ市内のホテルにはなかなかないので、家族旅行に人気間違いなし!

大阪や東京でもファミリールーム増やしてもらえないだろうか…。

————–

レステルグループも買収し、北欧最大のホテルチェーンのスカンディック。
今後も何箇所かオープンする予定だそうです。すごいですねー!

 

HILTON HELSINKI AIRPORT

temp-123

今年でオープン10周年を迎える、ヒルトンヘルシンキエアポートホテル。

ヘルシンキーヴァンター空港の第2ターミナルから徒歩約5分のところにあります。

temp-115

なんと、早朝のフライトのお客様のために朝食は朝の3時半から用意できるそうです。

temp-114

こちらはバーラウンジ。レセプションのすぐ後ろにあります。

temp-121

入り口を入って左側は会議室があり、一番大きな会議室は500名まで収容できるそうですよ。

temp-120

ホテルルーム。落ち着いたインテリアです。

ホテルの部屋は防音対策が施されていて、飛行機の騒音はほとんど聞こえなかったです。

temp-117

サウナ付きのスウィートルーム。

サウナもバスタブもありました。

temp-118

バスタブは日本人必須ですね。

temp-119

部屋からの眺めはエアポートビューでした。

ずっと眺めていても飽きないですね。