Koli National Park コリ国立公園

ため息の出るような美しさ、コリ国立公園。
丘の上からは絶景が広がります。

コリ国立公園は昔からフィンランドの芸術家たちを魅了してきました。
ヘルシンキ中央駅に飾られているコリ国立公園の絵は、シベリウスの奥さんアイノの兄、エーロ・ヤルネフェルトが描いたことで有名です。
シベリウスもコリ国立公園からインスピレーションを受け、作曲に取り組んだと言われています。

コリ国立公園は通年観光客に人気があり、夏は世界各国からハイカー、冬は多くのスキーヤーが訪れます。

コリ国立公園までの行き方は、公共交通機関の場合、
ヨエンスーから乗合タクシー(画像)を利用することができます。

乗合タクシーの詳細はこちらから。
https://www.koli.fi/en/Koli-info/Getting-to-Koli

車の場合、ヨエンスーからコリ国立公園まで約1時間。
駐車場に車を停め、ケーブルカー(無料)に乗り、丘の上まで向かいます。
上の画像はケーブルカーの入り口ですよ!

ゴンドラを降りるとソコスホテルがあり、カフェ・レストランも利用することができます。

ホテルの隣にはコリ国立公園のインフォ兼博物館があり、地図やお土産の購入はもちろん、ハイキングに必要な用具のレンタルもしています。

インフォ近くにあるこの階段からハイキング開始!
Ukko-Koli
Akka-Koli
Paha-Koli
この3地点を巡りました。(休憩含み、所要1時間)
この3地点のみのハイキングコースは、長距離が苦手な方やお子様でもお楽しみいただけます。
(但し展望ポイントには手すりがないので、十分に気をつけてください)

ハイキングルートにはこのようにわかりやすい表示がところどころにあります。夏季は多くのハイカーがいるので、迷う心配はありません!

コリ国立公園から見える、フィンランドの森とピエリネン湖の絶景をお楽しみください! ↓↓↓

当社ではコリ国立公園の旅行の手配ができます。
info@finngate.fiまでお気軽にお問い合わせくださいませ。

広告

Repovesi National Park レポヴェシ国立公園 vol.2

レポヴェシ国立公園vol.1に引き続き、レポヴェシ国立公園のハイキング。
レポヴェシでもとても有名なOlhavaオルハヴァまでをご紹介します。

レポヴェシ国立公園は湖畔を歩くハイキングコースが多いので、フィンランドの森と湖を100%満喫できます。

レポヴェシ国立公園内でコテージを借りることもできます。
上のマップ内の、PihkapirttiとKuutinkämppäは
https://www.tervarumpu.fi/en/repovesinationalpark
このサイトより予約できますよ!
他にもカヌー、SUPなどのアウトドア・アクティビティーもお楽しみいただけます。

上のマップ⑥のMustanlamminvuoriムスタンランミンヴオリ。
この展望台に上ると360°見渡すことができます。
たどり着くまで少し距離がありますが、展望台からはフィンランドの森と湖を遥か彼方まで見渡すことができ、最高にいい気分でしたー。

そして最終目的地のマップ⑦、Olhavaオルハヴァ。
ここの崖ではたくさんの人たちがロッククライミングを楽しんでいました。
(注)クライミングは事前に許可が必要です。
この崖の近くではテントがたくさん立っていて、何日もキャンプしながらクライミングを楽しんでいる様子でしたよ!

近くに井戸水、トイレ、焚き木スペースも整っているので、ここにテントを張ることにしました。
私たちがテントを張ったのは午後3時ごろでしたが、夜になるにつれてだんだんテントの数が増え、朝起きた時は周りを見てびっくりするほど。

蚊がとても多い!
虫除けスプレーとかゆみ止めを持っていくのを忘れてた(汗)

でもこのOlhavaの綺麗な景色を見ていると、かゆいのも忘れてしまいます。
でも、次は蚊のいない紅葉の綺麗な秋に来たいな(笑)

当社では、レポヴェシ国立公園のハイキングの手配をしています。
専用トランスファー、コテージなどご相談ください。
info@finngate.fi

Repovesi National Park レポヴェシ国立公園 vol.1

フィンランドでとても人気のハイキングコース、「レポヴェシ国立公園」をご紹介します。

https://www.nationalparks.fi/en/repovesinp (英語)

ハイキングコースですがこのvol.1では、上の画像の①から④まで詳しくご紹介します。
次のvol.2のブログでは引き続きハイキングとレポヴェシ絶景スポット、Olhavaオルハヴァまでをご紹介します。

①Lapinsalmi ラピンサルミ
ここからハイキングをスタート。
大きな駐車場にはキオスク(ソーラー発電のある建物)があります。

ヘルシンキからレポヴェシ(ラピンサルミ)まで車で約2時間半。

公共交通機関利用の場合、ヘルシンキからKouvolaコウヴォラまたはMäntyharjuマンテュハリユまで電車(または高速バス)。
夏季はコウヴォラまたはマンテュハリユからバス(上記画像、小型バス)がレポヴェシ国立公園まで運行しています。

バスの詳細はこちらから。
https://visitkouvola.fi/en/a/133/take-the-bus-to-repovesi-national-park

駐車場からハイキングコースに入る入り口には色々な情報が掲示されています。
柱にはキツネがいるのがわかりますか?
Repoレポは古いフィンランド語で「キツネ」を意味します。
Vesiは水なので、直訳すると狐水国立公園ですね。

駐車場からすぐのところに湖が見えてきます。
このような光景の中のハイキングが続きます。
マイナスイオン吸いまくりです(笑)

マップの②の地点です。
ここには渡し船があります。
渡し船と言うより、渡し「いかだ」の方が適していますね。

両岸に渡っているロープを引っ張っていかだを動かします。
初めて見ました。原始的ですね(笑)
疲れますが、とても楽しかったですよ!

湖畔沿いの道を進みます。
中には、このような岩だらけの道がありました。
足を踏み外したらビチョビチョ・・・。

マップ③のKapiavesiカピアヴェシ。
ちょっと疲れたかなー、そろそろ休憩したいなーと思っている時、ちょうどいいタイミングで休憩場が現れました。(笑)

火を焚べる場所も用意されていますし、(自分で薪を作らないといけないこともあります)バイオトイレもあります。
休憩場所によっては近くに井戸もありました。

Vol.2に続く・・・。

当社では、レポヴェシ国立公園のハイキングの手配をしています。
専用トランスファー、コテージなどご相談ください。
info@finngate.fi

Aulanko アウランコ自然公園

フィンランドの代名詞、森と湖を満喫できるアウランコ自然公園。

torni

この石造りの展望台に上ると360度森と湖を望むことができます。
(通常5月から9月 8:00-19:00 無料)
展望台の高さ自体は33mですが(階段のみ。エレベーターはありません)
一番高いところで海抜150mあるそうです。

https://julkaisut.metsa.fi/assets/pdf/lp/Esitteet/aulankoeng.pdf

aulanko2

展望台からの景色。
遠くの方に湖畔に泳いでいる人たちがいて、私たちに手を振ってくれました。
ハメーンリンナの町も見えますが、ほとんど森と湖の光景が広がります。

展望台まではハメーンリンナの駅から車で10分。
アウランコまではタクシーに乗って行き、観光中は運転手さんに少し待っていてもらうのがいいですね。

公共交通機関はバス2番でハメーンリンナの町からアウランコのスカンディックホテルまで行きます。(片道大人3.40€、子供1.70€, 2018現在)
ホテルから展望台まで徒歩で約25分かかります。
https://reittiopas.hameenlinna.fi/ (ハメーンリンナバス検索)
http://www.hameenlinna.fi/pages/187771014/Aikataulut_kesa2018%20(003).pdf (2018年夏の時刻表)
*バスは本数が少ないのでご注意ください。


当社ではヘルシンキからハメーンリンナに行く日本語ドライバーを手配できます。
リンク先のハメーンリンナのコースをご参照ください。https://finngate.fi/ja/quotation/

是非ご利用ください!

Landskapet Åland オーランド諸島

フィンランドとスウェーデンの間にあるオーランド諸島。

夏季はフィンランドやスウェーデンからの観光客で賑わいます。

フィンランド自治領ですが、公用語はスウェーデン語、オーランド諸島の旗があり、独自の法律や独自のナンバープレート、独自のドメイン(フィンランドは.fiに対し、オーランド諸島は.ax)もあります。中でも独特な法律はオーランド諸島住民以外は不動産を所有することが許されていません。ですので本土に住むフィンランド人は同じフィンランド人であってもオーランド諸島で家やサマーコテージを買うことができないそうです。

さて、オーランド諸島ですがどのような観光箇所があるのでしょう?

ヘルシンキから往復航路(ヴァイキングライン)で行くサンプル行程(車移動);

1日目 ヘルシンキ  17:00 ヴァイキングライン、カタヤノッカターミナルにてチェックイン&待機

車の場合は車に乗ったままチェックインの手続きができます。チェックイン後は待機。その後船に乗る時に誘導されます。

 18:00 船出発

キャビンで仮眠

2日目

Mariehamn(マリエハムン)

 04:25 マリエハムン到着後、ホテルへ移動&仮眠。
 Geta(イェータ)  10:00 ホテル発、イエータへ。
イエータで散策
Kastelholm(カステルホルム)  14:00  カステルホルムのSmåkbynスマークビューンにてランチ

カステルホルム観光

 Bomarsund(ボマルスンド)  16:00  ボマルスンドへ
Uffe på Berget (ウッフェ・ポー・ベルゲット)  18:00  2号線のトンネルの上にあるカフェ、Uffe på Bergetウッフェ・ポー・ベルゲットで休憩
 Mariehamn(マリエハムン)  19:00 マリエハムン市内散策&夕食

お店は開いていないが雰囲気だけ楽しむ。

 21:55 マリエハムン乗船場にてチェックイン&待機。
 22:55  マリエハムン発
3日目  ヘルシンキ  09:15  ヘルシンキ着

丸1日あれば車で主要箇所はほぼ回れます。

オーランド諸島は公共交通の便があまりよくないので、車(マリエハムンでレンタカー会社もあります)を利用されることをお勧めします。

レンタカー会社(2018年現在営業のレンタカー会社の一例)

フィンランドから船中2泊で行きましたが、スウェーデンに行く途中立ち寄ってみるのもいいですね!


オーランド諸島に関するブログはこちらから。

Iso Saari イソサーリ

ヘルシンキのマーケット広場からフェリーで約40分(片道)、スオメンリンナの南にあるイソサーリ。
スオメンリンナにすでに行かれたことのある方、少し静かにのんびりと過ごしたい方、歴史好きの方、こちらのイソサーリに行かれてみてはいかがでしょう。
島には戦争の時に使われていた軍事施設やカフェ、レストラン、ゴルフコース、海水浴場やサウナ施設があり、またテント持参で泊まる事も出来るそうです。

夏季はイソサーリとヘルシンキ間、6往復します。(月曜日はゴルフクルーズ客のみ)

時刻表・料金はこちらから。https://visitisosaari.fi/laivaliikenne/ (フィンランド語)

フェリーのチケットはこちらからオンライン購入できます。https://kauppa.visitisosaari.fi/index.php?lang=3&rn=87123883 (英語、月曜はゴルフクルーズ客のみ)

当日フェリー船上でチケットを購入する事も出来ますよ。

temp-243

プライベート用、船着き場もあります。

temp-238

船から降りるとすぐにウプサーリケルホ(軍人クラブという意味のカフェ)があり、テラス席がたくさん。

temp-235

カフェはサンドイッチなどの軽食やお昼時にはスープもありました。

temp-240

カフェ内には昔、島が栄えていた時の軍事施設や宿泊していた人々の白黒写真が飾られており、当時の様子を伺い知ることが出来ます。

上の写真は新しい頃の軍事施設。

temp-241

岩場もありますが、海水浴場もあり泳いでいる人やカヤックを楽しむ人もいました。

temp-237

しばらく歩くとリカマンサリというレストランがありましたが、残念ながらまだ朝早かったので閉まっていました。

インターネットによると2018年の営業は下記の通り。
6月9日〜21日 土日 11:00-17:00
6月22日〜8月12日 火〜日 11:00-17:00

https://visitisosaari.fi/rikaman-sali/ (フィンランド語)

temp-236

島を一周してみました。(約1時間弱)

古い軍事施設があったり(一部立ち入り禁止)、このように木や草が生い茂っていました。

temp-233

コンクリートで作られた軍事施設。まだ大砲も残っています。

temp-234

中も入ることが出来ます。(一部)

temp-239

軍事施設の跡とゴルフ場。

天気も良かったので10人くらいのグループがゴルフを楽しんでいました。

temp-244

ゴルフボールが歩道近くに落ちてしまったので、そこからショット!
とても盛り上がっていました(笑)

毎週月曜日はゴルフクルーズ(フェリー往復含)85€。
(フィンランドはキャディさんはいないそうです)
ゴルフはやらないので詳しくはわかりませんが、日本でプレイするよりは安いのではないでしょうか。

イソ・ヴァシッカサーリ Iso Vasikkasaari vol.2


昨日に引き続き、イソヴァシッカサーリについて。

イソヴァシッカサーリは、ビーチや公園、BBQなどの設備が整っています。
天気が良かったのですが、少し寒かったのでビーチには誰も泳いでいる人がいませんでした。

森の中の高台に建てられた展望台。

ここに登ると、海と島、周りのアーキペラゴなど360度遠くまで見渡すことができます。

島の南側にある展望所にはベンチとテーブルもあり、ゆったり&まったりと休憩できます。

そのすぐ側には私用ボートの船着場があり、短い夏を楽しむフィンランド人がくつろいでいました。

島内にはカフェの他にレストランもあります。

Gula Villan、スウェーデン語で”黄色の別荘”という意味のレストラン、夏のみ営業のレストランです。
http://www.gulavillan.fi/english/#restaurant

ランチの自家製ミートボール。
他にもサーモンスープなどのフィンランド家庭料理がメニューにありました。
(注:メニューは日替わりです)

6月上旬から8月中旬までは火〜日曜営業(月曜定休)
8月中旬から9月上旬までの週末営業しています。

昨日登場したカフェと同じく古いフィンランドの木造建築で、フィンランドの田舎の生活を垣間見ることができますよ!