Villa Mairea マイレア邸

アルヴァ・アールトの設計したマイレア邸。
フィンランド西海岸、ポリの郊外にあるノールマックの丘の上にあります。
1939年に建設されました。
昭和にすると14年ですが、古さを全く感じられない、素敵なインテリア、家具たちであふれていました。

ポリまでの行き方
<電車>
ヘルシンキから片道約4時間
https://www.vr.fi/ (フィンランド鉄道VR)
<バス>
ヘルシンキから片道約4時間
https://matkahuolto.fi/en/ (フィンランド長距離バス)

ポリからマイレア邸までの行き方
バス(64、66番)最寄りのバス停からマイレア邸までは徒歩10分。
タクシー、またはレンタカーが便利です。

マイレア邸のホームページ
https://www.villamairea.fi/en/

マイレア邸ツアーについて
https://www.villamairea.fi/en/visits/

邸宅を見学するツアーに参加しました。
マイレア邸はツアーに参加しないと建物の中を見学することができません。ツアーでは1階のみ見学でき、2階は非公開となっています。
建物の中を撮影するのは許可が入ります。(現在も私有地のため)

と言うわけで、家の中の画像はありませんが、外の写真はいっぱい撮ってきました。

家の中もそうですが、テラスにもアルヴァ・アールトの家具がたくさんあります。
マイレア邸の中にあるサンルームは日本をイメージして設計されたそうです。

周りは森に囲まれ、とても静かです。
(プライベートと所々に書かれているため、通常一般の立ち入りはできません)

マイレア邸の途中のアールストロム社の敷地内には発電所や、古い建物があります。

途中、立ち止まってみるのもいいですね!

当社ではマイレア邸へのツアーを手配することが可能です。
info@finngate.fi までお問い合わせくださいませ。

広告

Myyrmäen Kirkko ミュールマキ教会

2019年、現在改装中で閉鎖しています。ご注意ください。

照明がとても綺麗なミュールマキ教会。別名「光の教会」と呼ばれています。
一日中、太陽光がどこかから差し込むように設計されています。
ここにくると、太陽光の入り具合や照明の使い方に感心しずっと見ていても飽きません。

myyrmakichurch3

1984年に建てられた、教会の外観。
ミュールマキ教会は、ヘルシンキのお隣のヴァンター市にあります。
ヘルシンキから空港行きのP電車に乗り、Louhelaロウヘラ駅下車すぐです。(片道約20分)

地図はこちら。
https://goo.gl/maps/kWCUzcTTav92

myyrmakichurch4

癒しの教会です。全体的に白で統一されています。

myyrmakichurch2

そしてフィンランドのメーカー、Loviの木にいろいろメッセージが飾れていました。
https://www.lovi.fi/en/

myyrmakichurch5

教会の外にあるロビーでは、アルヴァ・アールトの椅子がたくさん並んでいました。

ヘルシンキからも気軽に行けるところにあります。
駅からすぐなので、是非お越しくださいね。

Birgitta カフェ ビルギッタ

先日ご紹介した、ロユリュの近くにある、Birgitta Hernesaari (ビルギッタ・ヘルネサーリ)

海沿いに面し、夏のみオープンするカフェ・レストランです。

https://www.birgittahernesaari.com/

birgitta2

このカフェの建物には特徴があります。
建物外観は、木の耐久性を増す目的で表面を焼いた「焼杉」という日本の技法が使われています。

birgitta4

建物の中は可愛らしいインテリア。

birgitta 4

天気がいい日はたくさんの人で賑わいます。

birgitta5

ランチはサンドイッチ、ハンバーガー、サラダなどがあります。

この夏オープンしているのは9月23日まで。
冬季はプライベート利用のみです。

ロユリュの帰りに是非立ち寄ってみてくださいね!

Design Museo デザイン美術館

北欧デザインが好きな方は是非足を運んでいただきたい素敵な美術館。

temp-133

トーベヤンソンが通っていた学校の建物を改装し現在はデザイン美術館として利用されています。

temp-135

受付。後ろにご注目!

temp-134

フィスカルスのハサミが刺さっています。(笑)

temp-132

只今、地下スペースでは病院がテーマの展示会開催中。

上の画像はアルヴァ・アールトの設計したパイミオサナトリウムの病院で使われていた家具の展示。
アールト自身が病人側の立場になり、多くの自然光を浴びることのできるように病室を設計したり、呼吸しやすい体勢になるような椅子の設計をしたりなど、様々な工夫をされたそうです。

temp-131

こちらはなんだと思いますか?

実は、病院にお見舞いに来るときに頂く花を飾るための花瓶たち。

デザイナーの名前を忘れてしまいましたが、とても斬新なアイデアですね!

temp-130

こちらは現在改装中、今年の秋に開院予定の子供病院で使われる予定の子供用の病衣。

Ivana Helsinki イヴァナ・ヘルシンキのPaola Suhonen パウラ・スホネンがデザインしたもので、病衣だけでなく検査衣など色々な種類がありました。可愛いですね。

temp-124

そして1階はフィンランドデザインの展示。

こちらはマリメッコのデザインを180度楽しめる、巨大スクリーン。
VRコーナーもありました。

temp-125

フィンランドの有名デザイナーたちの作品の展示。

temp-126

temp-129

temp-127

もちろん、アラビアやイッタラの展示や、

temp-128

赤ちゃん誕生祝いに国からプレゼントされる、Äitiyspakkausアイティユスパッカウスの展示もあります。

フィンランドでは赤ちゃんの誕生祝いに、赤ちゃんに必要な洋服や、オムツ、冬用の寝袋などセットになったものがプレゼントされます。

フィンランドのデザイン、その歴史を知ることができる素敵な美術館です。

期間により、展示物を変えるので何度も足を運んでみてくださいね!

GLO HOTEL ART HELSINKI

temp-99

外観は石でできてお城のような建物、グロホテルアート。

以前はLINNA(フィンランド語でお城)という名前のついたホテルでした。

https://www.glohotels.fi/en/hotels/glo-art

インテリアが独特なため、フィンランドのテレビや雑誌などの撮影によく利用されています。

temp-113

ホテルエントランス。

ホテルに入る前から芸術を感じることができます。

temp-101

レセプションエリア。

モダンなインテリアとアーチの天井がしっくりとマッチしています。

temp-108

待合室。

こちらでゆっくりとくつろぐことができますね。
本や雑誌など、時間を忘れて読んでしまいそうです。

temp-102

天井とライトニング。

やはり芸術を引き立てる照明も必要ですね。

temp-110

こんな形の照明も。

temp-106

レセプションエリアにあるバーのグラス収納が寒そうですね。

とてもフィンランドらしいです。

temp-109

そしてホテルルーム。

こちらはお城のような建物の中でなく、別棟でした。

ホテルルームはモダンでシンプルな北欧デザインでしたよ。

やはりせっかくヘルシンキに来て泊まるのなら、素敵なホテルでゆっくりしたいですね!

temp-112

ガッレン カッレラ美術館 Gallen-Kallelan Museo

ヘルシンキとエスポーの境に佇む、ガッレンーカッレラ美術館。

ガッレンーカッレラはフィンランドを代表する画家の一人です。
フィンランドの民族叙事詩、カレワラを題材にした作品を多く残し、フィンランド博物館のフレスコ画は彼の代表作の一つです。

ガッレンーカッレラ自身がデザインし、建築した家だそうです。小さなお城のようですね。

http://www.gallen-kallela.fi/en/

すぐ隣にはカフェ・タルヴァスパーあります。

https://www.tarvaspaa.fi

カフェのある建物は海側にあるので、ラーヤラハティ湾が望めますよ!

カフェ。夏季はテラス席もあります。

庭は綺麗に手入れされていて、バラなどの花がたくさん咲いていました。
周りは森に囲まれているので、ブルーベリーやラズベリーも収穫できましたよ!

ヘルシンキとエスポーの境。この浮橋を渡りました。思ったより揺れません!

ガッレンーカッレラ美術館はエスポー側にありますが、ヘルシンキのトラム4番から散歩がてら歩いて来れます。

トラム4番終点近辺は高級住宅街で、海に面して公園歩道が整備されており、大きな家が立ち並んでいます。

美術館内は撮影可。(フラッシュ不可)

こちらは塔の最上階。古い家具もそのままです。

こちらは一階、リビングルーム。
他、彼の人生・経歴が書かれたボードのある部屋、マンネルヘイム(フィンランドの首相)やシベリウスなどフィンランドの歴史上人物との交流した展示などがあります。

大きなソファーや椅子があり、くつろげますね。(笑)

美術と自然、海を満喫したい方におすすめです!

Finnish Literature Society

img_1528

This is Finnish Literature Society, located near Helsinki Cathedral, another beautiful building in Helsinki!

ヘルシンキにある美しい建物のひとつ、フィンランド文学館。

img_1531

Entrance of the building.
In 2006-2009, it has been renovated, so it looks very old and new.

Anyway, this building is very old, built in 1890. The history of the building can be found at
http://neba.finlit.fi/seura/talonhistoria/ (in Finnish)

1890年に建築された古い建物です。2006から2009年に大規模な改修工事が行われました。

img_1545

Presidents of Finnish literature society.

img_1549

and library located in downstairs.
You can borrow with Helsinki University Library Helka card.

1階と地下に図書館があり、借りることができます。
他言語に訳されたフィンランド文学の本もあります。