Iittala & Arabia デザインセンターのワークショップ

アラビアファクトリーショップの9階にある、デザインセンターにて行われていたワークショップに参加して来ました。

temp-225

今日のワークショップは陶芸の絵付け。

用意されていたアラビアのカッティングボードに色を塗る作業です。

temp-224

塗料と液体を混ぜる作業から。

そして薄め液を足してからボードに色をつけていきます。

temp-223

色を塗り、ドライヤーで乾かした後、塗料を削っていきます。

参加されている皆さんは花や植物など描いていましたが、私はこれ。

temp-222

塗料の上に薄く鉛筆で形を描いて、それに沿って削っていきます。

temp-221

削る作業が長く、手が腱鞘炎になりそう・・・。

temp-220

はい、できました!これで終了。

これを焼き付けて数日後に出来上がります。

楽しみですー!

temp-227

ちなみに1階に展示されていたこのお皿たちもワークショップで作ることができます。

このワークショップは次回5月30日です。(残念ながら満です)

http://www.designcentrehelsinki.com/calendar/filter/workshops/

↑ ワークショップはこちらのHPからチェックしてみてくださいね!

広告

Design Museo デザイン美術館

北欧デザインが好きな方は是非足を運んでいただきたい素敵な美術館。

temp-133

トーベヤンソンが通っていた学校の建物を改装し現在はデザイン美術館として利用されています。

temp-135

受付。後ろにご注目!

temp-134

フィスカルスのハサミが刺さっています。(笑)

temp-132

只今、地下スペースでは病院がテーマの展示会開催中。

上の画像はアルヴァ・アールトの設計したパイミオサナトリウムの病院で使われていた家具の展示。
アールト自身が病人側の立場になり、多くの自然光を浴びることのできるように病室を設計したり、呼吸しやすい体勢になるような椅子の設計をしたりなど、様々な工夫をされたそうです。

temp-131

こちらはなんだと思いますか?

実は、病院にお見舞いに来るときに頂く花を飾るための花瓶たち。

デザイナーの名前を忘れてしまいましたが、とても斬新なアイデアですね!

temp-130

こちらは現在改装中、今年の秋に開院予定の子供病院で使われる予定の子供用の病衣。

Ivana Helsinki イヴァナ・ヘルシンキのPaola Suhonen パウラ・スホネンがデザインしたもので、病衣だけでなく検査衣など色々な種類がありました。可愛いですね。

temp-124

そして1階はフィンランドデザインの展示。

こちらはマリメッコのデザインを180度楽しめる、巨大スクリーン。
VRコーナーもありました。

temp-125

フィンランドの有名デザイナーたちの作品の展示。

temp-126

temp-129

temp-127

もちろん、アラビアやイッタラの展示や、

temp-128

赤ちゃん誕生祝いに国からプレゼントされる、Äitiyspakkausアイティユスパッカウスの展示もあります。

フィンランドでは赤ちゃんの誕生祝いに、赤ちゃんに必要な洋服や、オムツ、冬用の寝袋などセットになったものがプレゼントされます。

フィンランドのデザイン、その歴史を知ることができる素敵な美術館です。

期間により、展示物を変えるので何度も足を運んでみてくださいね!

GLO HOTEL ART HELSINKI

temp-99

外観は石でできてお城のような建物、グロホテルアート。

以前はLINNA(フィンランド語でお城)という名前のついたホテルでした。

https://www.glohotels.fi/en/hotels/glo-art

インテリアが独特なため、フィンランドのテレビや雑誌などの撮影によく利用されています。

temp-113

ホテルエントランス。

ホテルに入る前から芸術を感じることができます。

temp-101

レセプションエリア。

モダンなインテリアとアーチの天井がしっくりとマッチしています。

temp-108

待合室。

こちらでゆっくりとくつろぐことができますね。
本や雑誌など、時間を忘れて読んでしまいそうです。

temp-102

天井とライトニング。

やはり芸術を引き立てる照明も必要ですね。

temp-110

こんな形の照明も。

temp-106

レセプションエリアにあるバーのグラス収納が寒そうですね。

とてもフィンランドらしいです。

temp-109

そしてホテルルーム。

こちらはお城のような建物の中でなく、別棟でした。

ホテルルームはモダンでシンプルな北欧デザインでしたよ。

やはりせっかくヘルシンキに来て泊まるのなら、素敵なホテルでゆっくりしたいですね!

temp-112

Our Pink House

 

img_1132

This “Our Pink House” is located near Kerava station, about 30min from Helsinki railway station. You’ll see this Pink House until 26 November, 2016.

This “pink” is made from crochet,  designed by Polish artist called OLEK (Agata Oleksiak), done only in two weeks by volunteers and immigrants.

このピンクハウスはヘルシンキ中央駅から約30分、ケラヴァ駅近くにあります。
2016年11月26日まで、このピンクハウスを見ることができます。

ポーランド人のアーティスト、オレックによるピンクの家はボランティアや移民の方達の手によって約2週間でかぎ針で編み上げられました。

img_1140

From HP from Kerava city ;

The house was originally built in 1910’s by carpenter Karl Jacob Svensk. During the Winter War 1939-1940, bombs fell to the yard, but family and the house survived. In 2015 over 21 million people lost their homes and had to flee abroad due to war and conflicts. Our Pink House is a symbol of hope and a wish for a better future.

Our pink house is about the journey, not just about the artwork itself. It’s about us coming together as a community. It’s about helping each other. We can show everybody that women can build houses, women can make homes.” – OLEK

Our Pink House is associated with Kerava Art Museum’s upcoming exhibition Yarn Visions, which will place the spotlight on knitted, crocheted, tufted and embroidered works. The exhibition will be shown in Art and Museum Centre Sinkka 26.11.2016-5.3.2017. If the weather permits, Our Pink House will be featured until the opening of the exhibition.

The project produced by Kerava Art Museum has been supported by Finland’s National Board of Antiquities, Prym Consumer Finland, Red Heart (USA) and Kerava Art Museum Friends Association, Kerava Evangelical Lutheran Parish and Savio Printing House. All of them share the artist’s wish: –Everybody should have a home.

We live in challenging times, a changing world filled with conflict, wars and natural disasters. But I like to think that it’s also a world filled with love.” – OLEK

フィンランドが冬戦争の時、元の家の庭に爆弾が投下されましたが家と家族は奇跡的に助かり、建物は今でもケラヴァ駅近くに残されています。
今日約2100万人もの人々が紛争により家をなくしたり逃げなければなりません。このピンクの家のプロジェクトは未来の希望に願いを込めポーランド人の芸術家、オレックが立ち上げました。

img_1137

Exhibitions inside the house.

img_1138

Nice potteries remind me of Japan.

img_1139

Can you see “pinky” shade??